ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 企業情報
  4. 沿革

沿革

  • 1990~
  • 2000~
  • 2010~
  • History
  • Service

1992

12月

(株)インターネットイニシアティブ企画設立(資本金18百万円)

解体前のビルに陣取ったオフィス

Internet society に設立メンバー(Founding member)として参加

1993

5月

(株)インターネットイニシアティブに社名変更

7月

UUCPサービス開始

11月

インターネット接続サービス開始国内初

IIJ営業開始直後、ルータ専用機はまだ極めて高価でした。
そこで、普通のDOS/VパソコンにBSD UNIXをインストールしたものを、ルータとしてお客様先に設置していた時期がありました。
実体はフロッピーブートのBSD/OS + PPPに、専用線モデムをシリアルポートで繋げたもの。

1994

2月

特別第二種電気通信事業者に登録

5月

ダイアルアップIPサービス開始国内初

11月

ファイアウォールサービス開始国内初

1995

1月

(株)アイアイジェイメディアコミュニケーションズ設立

  • インターネット中継からメーリングリストサーバサービスまでネットワークコミュニケーションを幅広くサポート
  • (2005年にIIJに吸収合併)

11月

(株)アジア・インターネット・ホールディング設立

  • アジア太平洋地域をカバーするバックボーン、A-Boneの構築
  • 運営を中心に、アジアにおけるネットワークインフラの整備事業
  • (2005年にIIJに吸収合併)

1996

11月

(株)アイアイジェイテクノロジー設立

  • 企業情報システムやネットワークビジネスシステムの設計・構築から運用・監視まで、総合的なシステムインテグレーションを行うとともに、ハイエンドストレージ、サーバ・ネットワークといったビジネスプラットフォームを提供
  • (2010年にIIJに吸収合併)

12月

個人向けサービス「IIJ4U」開始

1997

11月

IIJ Americaが米国でISP事業を開始国内初

IIJエコノミーサービス開始

  • 低コスト、サーバ不要の手軽な専用線サービス

1998

2月

  • コールセンター業務やネットワーク運用管理に関するアウトソーシングサービスを提供
  • (2014年10月に(株)IIJエンジニアリングに社名変更)

4月

  • IIJ技術研究所設立

4月

IPマルチキャスト配信サービス開始国内初

IIJポストオフィスサービス開始

8月

高機能ルータ「SEIL」の開発、販売を開始

初代SEILはISDNルータ

当時はアクセスポイントの新設や廃止が頻繁にあったため、サーバ上にそのデータを置きルータが定期的にそれらを取得するという機能を実装しました(ユーザの利便性向上とプロバイダ側のサポートコストの軽減を実現した設計)。

10月

(株)クロスウェイブ コミュニケーションズ設立

  • 光ファイバーを用いた新世代型ネットワークインフラを提供
  • (2003年12月エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)へ営業譲渡)

12月

IPv6の普及推進のための産学共同プロジェクトを発足

12月

IDゲートウェイサービス提供開始

1999

6月

  • 「可用性」、「遅延時間」、「パケット損失率」、「障害通知」からなる4つの評価項目を設け、各評価項目について保証値を提示することにより、インターネット接続サービスの品質を、客観的指標によって保証

8月

IPv6の商用実験サービス(トンネリング型)開始
国内初

8月

米国ナスダック市場へ上場(ティッカーシンボル:IIJI)

調印式の様子

当時、日本国内においてはまだインターネット関連企業の上場は一般的ではありませんでしたが、他方で米国ではインターネット関連企業が資本市場での資金調達を行いつつ事業拡大を図っていました。
また、最先端のインターネット関連技術の中心は依然として米国にあり、IIJが最新のインターネット関連の技術開発を行っていくためには米国企業との連携も重要であり、そのためにも米国での知名度・信用力の向上が必要との考えより、米国ナスダック市場へ上場いたしました。


2000

2月

アイアイジェイテクノロジーが、ネットビジネス向けアウトソーシングサービス iBPS(現・IIJ GIO)を開始

7月

九州・沖縄サミットの公式インターネット・サプライヤーに指定

9月

IPv6ネイティブサービス開始

12月

2001年インターネット博覧会の公式プロバイダに指定

2001

3月

「CDN JAPAN」を発足

  • 日本オラクル、シスコシステムズと共同でブロードバンド向けコンテンツ配信を推進する組織

5月

インターネットマルチフィードが、インターネット相互接続(IX)サービス「JPNAPサービス」を開始

10月

新世代型高機能ルータ「SEIL/neuシリーズ」販売開始

11月

IPv6/IPv4デュアルスタックサービス開始
国内初

2002

4月

IIJグローバルVPNサービス開始

8月

CDNプラットフォーム事業 CDN JAPAN開始

11月

IIJ VPNスタンダードサービス開始

リソース・オンデマンドDCサービス開始(IIJグループ)

2003

5月

個人向けインターネット接続サービスの利用者を対象にIP電話サービス開始

2004

1月

スパム対策のワーキング・グループ 「MAAWG(Messaging Anti-Abuse Working Group)」創設に参加国内初

4月

アイアイジェイメディアコミュニケーションズが、IPv6対応のライブ中継サービスを開始国内初

7月

RFID(無線ICタグ)技術の国際標準化団体 "EPCglobal" に加盟

9月

(株)アイアイジェイフィナンシャルシステムズ設立

  • アイアイジェイテクノロジーの100%子会社

10月

(株)アイアイジェイフィナンシャルシステムズ事業を開始

  • (株)ヤマタネより証券システム部門の営業を譲り受け
  • 証券システムのフロントからバックオフィスの構築・運用などフルアウトソーシングサービスを提供
  • (2010年にアイアイジェイテクノロジーに吸収合併)

12月

経済産業省による平成16年度「電子タグ実証実験事業」に参画

2005

2月

インターネットマルチフィードが、欧州最大のIX事業者団体「Euro-IX」に参画国内初

2月

SMF対応の組み込み型ルータソフトウェア「SEIL Engine」を開発、ライセンス供与を開始

3月

国内での迷惑メール対策ワーキンググループ 「JEAG(Japan Email Anti-Abuse Group)」の創設に、発起人として参画

3月

送信ドメイン認証技術の導入を開始国内初

4月

ルート、ノバテック社と超小型マルチプラットフォーム・モバイルルータを共同開発

10月

IIJ EPC Networkサービス開始

IIJ Internet-LANサービス開始

IIJ DDoS対策サービスを開始

12月

東京証券取引所マザーズへ上場

2006

1月

NTT Comに IIJ SMFサービスをOEM提供開始

2月

  • コナミ(株)と共同で、SNSやブログ、名作ゲーム、映像、音楽などのコンテンツを提供する総合ポータルサイトの運営

経済産業省による平成17年度「電子タグ実証実験事業」に参画

SMFに関する特許を取得(特許第3774433号)

3月

全接続サービスに送信元検証 「Source Address Validation」を導入
国内初

10月

  • ネットワーク導入時の配線工事、機器の導入・設定、アプリケーションのインストール・運用サポートなどLAN関連を中心としたネットワーク構築事業

12月

東京証券取引所市場第一部へ指定替え(証券コード:3774)

米国ナスダック市場上場から遅れる事、7年。IIJの商圏はほとんどが日本企業を対象としたものであり、日本国内での知名度向上と東証一部上場企業との信用力強化を展望し東京証券取引所にも上場しました。

2007

3月

高画質コンテンツ配信プラットフォーム開始

6月

統合マネージメントプラットフォーム開始

6月

(株)ハイホーを完全子会社化

  • パナソニック ネットワークサービシズ(株)より全株式を取得
  • 個人向けISP事業をベースに、お客様の安心・安全・快適な生活をサポート

7月

タイヘイコンピュータ(株)へ出資

  • 平田機工(株)と合弁運営
  • ポイント管理サービスをASPで提供することで、お客様のビジネスの成功と発展をサポート
  • (2011年5月に(株)トリニティに社名変更)へ出資による

(株)トラストネットワークス設立

  • 金融決済サービス(ATM運用サービス、他)の企画・運営

8月

SMF-LANに関する特許権を取得(特許第3996922号)

8月

IIJセキュアWebプラットフォーム開始

10月

「SEIL/X」シリーズを販売開始

2008

2月

IIJモバイルサービス/タイプE開始

  • イー・モバイルに対応

6月

IIJ FiberAccess/Aサービス開始

7月

心斎橋データセンター開設

9月

「SEIL」シリーズの新機種、「SEIL/B1」を発売開始

10月

IIJ大規模コンテンツ配信サービス開始

次世代FXシステムを開発

2009

2月

練馬データセンターを開設

6月

iiMail Suite開始

7月

IIJ技術研究所を、IIJイノベーションインスティテュートに移管

11月

IIJ、NTTドコモとレイヤー2で接続


2010

2月

SMFv2に関する特許を取得(特許第4463868号)

2011

7月

個人向けサービスでNTT東西の新たなIPv6接続方式に対応したサービスを開始

9月

三鷹データセンター開設

9月

IIJグローバルがタイに駐在員事務所を開設

2012

1月

IIJグローバルが中国に現地法人を開設

2月

個人向けサービス「IIJmio」で、LTE対応の接続サービスを開始

法人向けモバイルサービス「IIJモバイル」で、LTE対応の接続サービスを開始

3月

4月

(株)IIJエクスレイヤ設立

  • (株)エクスレイヤ・グローバルを子会社化
  • (2014年にIIJに吸収合併)

(株)ストラトスフィア設立

  • (株)ACCESSと共同で、次世代クラウド基盤技術の研究開発を行う
  • (2015年に合弁を解消。事業譲渡により、ストラトスフィアの事業をIIJとACCESSにて承継)

7月

IIJグローバルがタイのバンコクに現地法人を開設

10月

ストラトスフィアがネットワーク仮想化プラットフォームの商用製品を発表、IIJとACCESSが「Stratosphere SDN Platform1.0」として販売を開始

「IIJ GIO Hadoopソリューション」を提供開始

11月

IIJエクスレイヤの2拠点を社名変更(資本強化)

  • 香港拠点⇒IIJ Global Solutions Hong Kong
  • シンガポール拠点⇒IIJ Global Solutions Singapore

2013

2月

「守山データセンター」を開設

7月

2014

2月

祝賀会風景

ASEAN地域経済の中心であるシンガポールは、多くのISPが集まる通信拠点。IIJでもシンガポールを基点にアジア各国のISPとの相互接続を進め、通信品質の高いインターネット接続環境とクラウドサービスの提供を通じ、アジアに拠点をもつお客様のIT基盤の構築をサポートしていきたいと考えています。

6月

ビッグデータを高速処理するDWH向けデータベース製品をクラウドサービスとして提供開始

7月

IIJと日本マイクロソフト、マルチクラウドサービスで協業

10月

JCTAとIIJ、ケーブルテレビ事業者向けに業界連携MVNOプラットフォームを提供開始

2015

1月

  • 現地の大手通信サービス会社Biznet Networksとの合弁会社
  • インドネシア国内に新たなクラウドサービス基盤を構築し、現地企業に向けて、パブリッククラウドとプライベートクラウドのサービスを提供

2016

2月

  • 現地情報通信会社TCC Technologyとの合弁会社
  • タイ国内に新たなクラウドサービス基盤を構築し、IaaSからPaaS、SaaSまでをラインアップしたパブリッククラウドとプライベートクラウドのサービスを提供

12月

  • 日本テレビ放送網(株)との合弁会社
  • 高品質で安定した動画配信を実現するCDN(Content Delivery Network)サービスを提供

2017

3月

セキュリティ事業強化の一環で自社内にSOCを設置
24時間365日体制で膨大な情報から「迅速・正確に」リスクを検知・対処するために必要なシステムを適切に配置。センター内には、お客様からお預かりしたPCの解析など、機密性の高い情報を取り扱う「セキュリティラボ」を設置し、ラボとセンターが連携していくことで、より高度な脅威に対応可能です。

2018


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る