ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2023年
  6. IIJ、「白井データセンターキャンパス」でオンサイト太陽光発電の運用を開始

IIJ、「白井データセンターキャンパス」でオンサイト太陽光発電の運用を開始

自社データセンターにおけるカーボンニュートラルへの取組みを推進

2023年2月1日
株式会社インターネットイニシアティブ

PDF [424KB]PDF / English

当社は、2019年5月より運用しているデータセンター「白井データセンターキャンパス」(千葉県白井市、以下白井DCC)のサーバ棟および管理棟屋上に太陽光発電パネルを設置し、2023年2月より運用を開始いたしました。設置した太陽光発電パネルの設備容量は、白井DCCサーバ棟の約3%にあたり、年間の発電量は約373MWhを見込んでいます。

当社は、白井DCCを自社のクラウドやネットワークサービスの設備基盤として、またお客様からIT機器をお預かりするコロケーション/ハウジングサービスの拠点として運営しています。多くの電力を消費するデータセンターにおいて温室効果ガス削減(カーボンニュートラル)は喫緊の課題となっており、これまで、エネルギー効率の高い外気冷却方式の空調設備や、AIによる空調制御、リチウムイオン蓄電池の活用など最新の省エネ技術を導入し、電力利用効率の最適化を図ってきました。
オンサイト太陽光発電は、このような、当社のデータセンターにおけるカーボンニュートラルへの取組みの一環として導入するもので、再生可能エネルギー導入の促進とともに、電力コストの低減および安定化を目的としています。
なお、本設備設置は、環境省の「令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」の助成対象となっています。

設備概要

  • 設置箇所 : サーバ棟および管理棟屋上
  • 太陽光パネル容量 : 336kWp
  • 発電量(見込み) : 373MWh(年間)
  • 運用開始 : 2023年2月~

イメージ

  • (※)本設備は、株式会社関電エネルギーソリューションのユーティリティサービスとして導入します。

今後、島根県松江市で運用している当社データセンター「松江データセンターパーク」および2023年7月に運用開始予定の白井DCC 2期棟にも、太陽光発電パネルを導入する予定です。

当社は、政府のグリーン成長戦略で掲げられたカーボンニュートラルの目標に向けて、今後も最新の省エネ技術の導入やグリーン電力の調達、再生可能エネルギー発電設備の導入などを進め、カーボンニュートラルデータセンターの実現および気候変動への対応を積極的に推進してまいります。

ご参考

IIJのカーボンニュートラルデータセンター実現への取り組み:

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る