1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2

ico

オンプレミスからの移行を容易にする次世代IaaSIIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2

お知らせ
【セミナー情報】
パブリッククラウドのように手軽&プライベートクラウドのように自由 IIJ GIO P2 Gen.2
SaaS・Webサービス事業者様者向け特別オファー SaaS・Webサービス事業者様者向け特別オファー

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2(ピーツー ジェンツー。以下、IIJ GIO P2 Gen.2)は、IIJのオリジナルIaaSです。
既存システムの設計思想をそのまま適用できるVMwareベースのホステッド・プライベートクラウド環境をご提供。パブリッククラウドの“手軽さ”とプライベートクラウドの“自由度”の両方のメリットを備え、オンプレミスからのクラウド移行を支援します。

本サービスは、IIJ GIOインフラストラクチャーP2の次世代モデルとして2021年10月1日より提供開始しました。

こんなお客様はご相談ください

  • クラウド移行したいが、パブリッククラウド移行ではシステム改修コストが大きい
  • クラウド移行を検討したものの、断念したオンプレミスサーバが残っている
  • なるべく設計や運用スキルを変えずにクラウドリフトしたい
オンプレミスのクラウド化
「7つの検討ポイント」のガイドブックを差し上げます

5分で分かる!
オンプレミスをそのままクラウド化する7つの検討ポイント
(PDF 16ページ)

クラウド化が進まない企業の実態と解決策付き

オンプレミスからの移行に「ちょうどいい」クラウドサービス
(PDF 57ページ)

パブリッククラウドとプライベートクラウドをいいとこ取り!

選べる2つのリソースタイプ

イメージ図:IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2の特長

  • 移行性の高いVMwareベースのホステッド・プライベートクラウド

    仮想基盤にはVMwareを採用し、既存オンプレミス環境の設計思想や運用体制をそのまま持ち込むことが可能です。移行に必要な各種ツール提供に加えて、IIJの経験豊富な専任エンジニアが移行作業をサポートするメニューも用意し、スムーズな移行を実現します。

  • パブリッククラウドと同等の柔軟性で自由なシステム構成が可能
    (フレキシブルサーバリソース)

    サーバ単位ではなく、仮想リソースプールから最小「1vCPU/4GBメモリ」というリソース単位で契約可能なため、柔軟性を備えたシステムを構成することが可能です。また、ホステッド・プライベートクラウドでありながらハイパーバイザーの管理はIIJで行うため、運用負荷を大幅に軽減できます。

  • IIJサービスとの連携で高い拡張性を実現

    ファイルサーバやActive Directory、データベースなど、企業のIT環境に必要なコンポーネントを備えた各種マネージドサービスや、他社パブリッククラウドとの閉域接続を提供するネットワークサービスなど、IIJの各種サービスと連携することにより拡張性の高いシステム環境を実現します。

IIJは、BCRとCBPRの双方で安全なプライバシー保護の証明を受けた
世界で唯一のクラウド事業者(IaaS)です

BCR Certified

EUの個人情報保護法(GDPR)に対応

5分で分かるBCR

APEC CBPR Certified

APECのプライバシー保護基準に対応

5分で分かるCBPR

全体イメージ

全体イメージ図

Iaasとは?

IaaSは「Infrastructure as a Service」の略称で、システムのインフラとなるサーバ・ネットワーク・ストレージなどのコンピューティングリソースを利用できるサービスです。

SaaS
SaaSは「Software as a Service」の略称で、ソフトウェア・アプリケーション機能をネットワーク経由で利用できるサービスです。

PaaS
PaaSは「Platform as a Service」の略称で、アプリケーション開発に必要な実行環境やデータベースなどのミドルウェアの機能を利用できるサービスです。

組み合わせてご利用いただけるサービス

IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466(土日祝日除く 9:30~12:00、13:00~17:30)

関連情報

オンプレミスのサーバをそのままクラウドへ
IIJ GIOナレッジ