ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2017年
  6. IIJ、世界初のDSD™11.2MHzハイレゾ音源によるオンデマンド・ストリーミング配信を実施

プレスリリース2017年

IIJ、世界初のDSD™11.2MHzハイレゾ音源によるオンデマンド・ストリーミング配信を実施

N響コンサートの音源を超高音質フォーマットDSD11.2MHzで制作し、ハイレゾ・ストリーミングサービス「PrimeSeat」の番組コンテンツとしてオンデマンド配信

2017年7月3日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)は、個人向けハイレゾ・ストリーミングサービス「PrimeSeat(プライムシート)」において、NHK交響楽団(N響)の公演をDSD11.2MHzハイレゾ音源で配信いたします。今回提供するコンテンツは、2017年 5月、6月にミューザ川崎シンフォニーホールで行われた「明電舎創業120周年記念/N響 午後のクラシック」の公演をDSD11.2MHzハイレゾ音源で制作したもので、2017年7月4日より無料でオンデマンド配信いたします。

ハイレゾ音源フォーマットとして注目されているDSD(Direct Stream Digital)は、 アナログの音源をデジタルに変換する際の変換方式の一種で、現在、サンプリング周波数は2.8MHz、5.6MHzの2つが主流となっています。11.2MHzは、現在のDSD録音における最高音質のフォーマットで、音楽CDの256倍にも及ぶ膨大な情報量を有するため、ストリーミング配信には高度な技術が要求されます。今回のDSD11.2MHzオンデマンド・ストリーミング配信は、株式会社コルグとの共同開発により実現したもので、世界初となる画期的な試みです。

DSD11.2MHz配信概要

対象コンサート 「明電舎創業120周年記念/N響 午後のクラシック」
  • (※)全3回シリーズとして、ミューザ川崎シンフォニーホールで開催したもので、第2回、第3回をDSD11.2MHzで配信します。
配信内容/期間 【N響 午後のクラシック 第2回】2017年5月25日(木)収録
  • 配信期間:2017年6月13日~7月31日
  • 曲目:
    • チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
    • リムスキー・コルサコフ/スペイン奇想曲 作品34
    • チャイコフスキー/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」作品32 ほか
  • 指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ
  • 配信フォーマット:DSD11.2MHz、DSD5.6MHz、PCM96kHz/24bit
    (※)7月4日より、DSD11.2MHz音源を追加します。
【N響 午後のクラシック 第3回】2017年6月15日(木)収録
  • 配信期間:2017年7月4日~8月31日
  • 曲目:
    • モーツァルト/歌劇「魔笛」序曲
    • モーツァルト/フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299
    • モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 ほか
  • 指揮:トン・コープマン
  • フルート:カール・ハインツ・シュッツ
  • ハープ:シャルロッテ・バルツェライト
  • 配信フォーマット:DSD11.2MHz、DSD5.6MHz、PCM96kHz/24bit

視聴環境

PC(WindowsおよびMac)に専用のソフトウェア「PrimeSeat」をインストールすることで視聴いただけます。音源のフォーマットにより、対応コンバーター(DAC)やステレオが必要となります。
なお、DSD11.2MHzコンテンツの再生には、お客様の再生環境から常時24Mbps以上の通信速度が必要となります。

IIJは、今後も最新の配信技術に挑戦しノウハウを蓄積しながら、より多くの方々に高品質な音を楽しんでいただけるようサービスを拡充してまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る