1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJ電子@連絡帳サービス

ico

地域医療連携と地域包括ケアを実現

IIJ電子@連絡帳サービス

IIJ電子@連絡帳サービスは、地域の「医療・福祉(介護を含む)」に携わる専門職が情報を簡単に共有し、地域の医療連携と地域包括ケアを統合的に実現できる多職種連携プラットフォームです。名古屋大学医学部附属病院 先端医療・臨床研究支援センター、NU-Medイニシアティブが開発した「NU-Med電子連絡帳」を、IIJは共同研究でサービス化し提供しています。

お知らせ
【セミナー情報】

イメージ図:地域包括ケアシステム

こんなお客様(自治体・医師会・医療法人)はご相談ください

  • 在宅医療に関わる情報を迅速に共有し、「地域包括ケア」を実現したい
    様々な専門職(多職種)が訪問しなくても、細かな状況の経過や他の専門職では気付かない状態変化を同時に共有できます。
  • 介助方法などを訪問前に計画したい
    医師や看護師などの処置(口腔ケア含む)、服薬指導の内容を迅速に共有できることで、前もって介助方法などを計画できます。
  • 高度なセキュリティ環境で情報共有を行いたい
    「医療情報関連ガイドライン」を遵守し、電子証明書でシステムへのログインが可能です。安心して患者情報を扱えるシステム環境を提供します。

利用シーン

連携診療所への患者紹介、レスパイト

イメージ図:サービス導入前

イメージ図:サービス導入後

訪問看護師と在宅医の連携(処置計画の事前立案)

イメージ図:サービス導入前

イメージ図:サービス導入後

IIJ電子@連絡帳サービスの特長

IIJ電子@連絡帳サービス

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報

在宅医療、地域包括ケア・・・超高齢社会のICT活用法