ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2021年
  6. IIJ、白井データセンターキャンパスにマイクロデータセンターを導入しエッジコンピューティング環境の実証実験を開始

IIJ、白井データセンターキャンパスにマイクロデータセンターを導入しエッジコンピューティング環境の実証実験を開始

2021年10月4日
株式会社インターネットイニシアティブ

PDF [748KB] / English

当社はこのたび、白井データセンターキャンパス(千葉県白井市、以下白井DCC)の敷地内にマイクロデータセンター(以下MDC)を屋外設置し、エッジコンピューティング(※)基盤として実用化するための技術検証を行う実証実験を開始いたしました。

  • (※)エッジコンピューティング:IoT機器などのエッジデバイスそのものや、その近くに設置したサーバーでデータ処理・分析を行う分散コンピューティングの概念。

今回設置するMDCは、日本で初導入となる豪州Zella DC社製で、12U~38Uサイズのタイプのうち12Uタイプ(幅68.5cm・奥行110cm・高さ100cm)の屋外設置モデルとなります。データセンターに必要な機能であるサーバー冷却用空調ユニット、UPS(無停電電源装置)、環境センサー、セキュリティカメラ、物理セキュリティ(遠隔操作可能な電子錠等)を備え、防水・防塵性能と遮音性能により屋内外、場所を選ばず設置できます。例えば、IoT機器や生産現場を自動化するFA機器などのエッジデバイスと物理的に近い場所にMDCを設置して、超低遅延が求められるデータ処理や、セキュリティ上の制約がある環境でのエッジコンピューティング基盤として利用できます。また、お客様拠点に設置することで、オンプレミスの小規模マシンルームとしての利用も期待されます。今回の実証実験では、MDCの設備性能と遠隔からの監視・運用スキームを検証します。
IIJでは本実証実験を進め、お客様がMDCを活用して自社でエッジコンピューティング環境を短期間で容易に構築、運用できるソリューションを開発し、2021年度中に提供開始する予定です。

実際の設置写真

白井データセンター外観

背景

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進のため、企業や官公庁のIT基盤がクラウドへシフトする流れが加速しています。その一方で、ネットワークやクラウドでのデータ処理コストやリソースを最適化するためにデータ処理の一部をエッジ側に分散させて処理するエッジコンピューティングの需要も広がりつつあります。5G普及に伴い利用が加速するMEC(マルチアクセス・エッジコンピューティング)のプラットフォームを活用し、低遅延処理、通信処理の効率化、データセキュリティ確保等の5G+エッジコンピューティングの特長を生かしたスマートファクトリや遠隔医療、自動運転などの実用化が進むことも期待されています。

今後、デジタル・IT基盤は、クラウドとオンプレミスのハイブリッド利用、クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの組合せといった適材適所の複合的な利用が進むと考えられます。IIJでは、既に提供しているコンテナ型データセンター「co-IZmo(コイズモ)シリーズ」にMDCを加えることで、データセンターファシリティのプロダクトラインアップを拡充し、クラウド環境からエッジ環境まで、お客様のより多様なニーズに合ったデータセンターサービスやソリューションを提供してまいります。

実施内容

  • 屋外環境に設置したMDCの設備的な性能、自律運転シナリオの検証
  • 白井DCCC内のデータセンターインフラ管理システム(DCIM)から遠隔で監視・運用の検証

MDCの検証後、 IoT、ローカル5Gやクラウドサービス「IIJ GIO」といったIIJサービスと連携したネットワークエッジでデータを処理するMECの実証を行っていく予定です。

実施期間

2021年9月末~2021年11月(予定)

実証実験のイメージ

実証実験のイメージ

エンドースメント

IIJとのパートナーシップ、そして日本で最初のZella Hutを展開できることに興奮しています。エッジコンピューティングと5Gコネクティビティは、私たちのビジネスの中核をなすものです。この実証に参加し、IIJと協力してこの革新的なソリューションを開発できることを嬉しく思います。

Angie Keeler, Zella DC CEO and Co-founder

Zella DC社について

オーストラリアのパースに拠点を置き、Edgeを実現する次世代マイクロデータセンター専業メーカーとして、「efficient(効率的)」、「robust(堅牢)」、「intelligent(インテリジェント)」という3つの柱でエッジデータセンターを実現しています。2010年の設立から10年超の歴史の中で、オーストラリアならではの暑く、粉塵の舞う鉱山や造船所といった過酷な環境での実績を重ね、グローバルに一般企業や政府・公共機関、通信キャリアなど豊富な採用実績があります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る