ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. 株主・投資家向け情報
  3. 統合報告ポータル
  4. IIJグループの強み

IIJグループの強み

国内最大規模のインターネット・バックボーンネットワークと高いインターネット運営技術

当社が自社運営するインターネット・バックボーンネットワーク(以下、「バックボーン」という。)は国内最大級であり、米国・欧州・アジアへと延伸し、現地法人にてこれらを自社運営することで、グローバルで高品質なインターネット環境を提供しております。インターネットトラフィックの増加にあわせて恒常的にネットワークを随時増強しております。

1997年

2023年

当社のバックボーンは、複数通信事業者の回線を使い分け拠点間を物理的に異なるルートでつなぐ冗長設計に加え、ネットワーク機器の冗長化構成、マルチベンダーの機器・ソフトウェア採用等により、大規模災害等の不測の事態が起こった場合においても止まらない高い可用性を実現しております。当社に蓄積されたインターネット運営技術で障害耐性の高いバックボーンを運用しており、創業以来、約30年にわたり重大な障害は発生しておらず、大規模な法人・官公庁を中心に長期かつ良好なお客様との取引関係を継続しております。当社のバックボーンは、日本のインターネット普及や、トラフィックの増加とともに、拡張を続け今日に至るものであり、それに係る費用はお客様からの月額収入で賄われております。技術に精通したネットワークエンジニアの確保、一定規模の設備投資の継続等も必須であり、後発事業者が容易に模倣できない事業モデルを築き上げております。

当社グループの法人向けインターネット接続サービスやアウトソーシングサービスは、これらバックボーンを含むネットワーク・システムの運用コスト(回線賃借料、機器償却費、データセンター利用料、人件関連費用等)が主要な原価になっており、バックボーン規模の拡大とそれを基に生みだされる月額収入の増加により、スケールメリットが働き利益が増加する事業モデルとなっております。

日本の社会・経済活動におけるIT利活用の範囲・規模は拡大しており、堅牢なインターネット・インフラストラクチャーへの需要は今後もますます拡大していくものと展望しております。

付加価値の高いサービス開発力と高度な運用力

インターネットはプログラム・ソフトウェアにより制御されるものであり、サービス開発にあたってはこれら技術の蓄積が重要です。当社グループは、インターネット技術者集団として、最新の技術動向を把握のうえ、柔軟な発想でそれらを適用し、通信キャリアに先行して、付加価値の高い自社サービスを継続して開発のうえ提供し運用することにより、マーケットをリードしてまいりました。当社グループのインターネット関連サービスの開発・創出の実績の概要は下図の通りであり、自社開発サービス群が競争優位の源泉となっています。

当社グループのネットワークサービスは、自社運営のバックボーンを経由して提供し、インターネットに精通したエンジニアがサービス運営すること等にて、安定的な継続提供を実現しています。当社グループの長年に渡るネットワークとサービスの運営実績がお客様からの信頼感を醸成し、低いサービス解約率やサービスの複合利用進展へと繋がり、法人向けネットワークサービス売上蓄積との結果に表れているものと考えております。

大規模な法人・官公庁を中心とする約14,000社の顧客基盤

当社グループのお客様は、優良法人・官公庁等を中心に約14,000社にのぼります。インターネット接続・セキュリティ関連サービス等のネットワークサービスは全ての業界で満遍なく利用されているもので、特定業界への偏りはなく、各業界の多くのリーディング企業が当社グループのサービスを採用しております。また、特定のお客様への売上依存度は低く、各お客様向け売上高の全売上高に占める割合は最大でも3%以下(FY22 IIJ単体実績)となっております。

今後も新たなサービスの開発や機能向上・追加を進め、お客様に当社グループのサービス群をより広範囲に複合利用して頂くことにより、売上成長を図ってまいります。

  • (※)IIJグループ顧客数は2023年3月末時点
  • (※)業界TOP10企業への浸透率は、業界ごとの連結売上高上位10社(出典:Yahoo!ファイナンス・売上高・全市場・デイリーを基に当社作成)のうち、IIJがサービスを提供している比率であり、 FY22IIJ単体実績を基に当社作成
  • (※)顧客別/顧客業種別売上分布はFY22 IIJ単体実績を基に当社作成

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る