ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2021年
  6. IIJ、Oracle Cloud Infrastructureとの閉域接続サービスを提供開始

IIJ、Oracle Cloud Infrastructureとの閉域接続サービスを提供開始

マルチキャリアでの冗長接続および東西でのDR構成にも対応

2021年3月15日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、お客様サイトと Oracle のクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」間を、IIJの専用プライベートネットワークを介して閉域網で接続する「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Oracle Cloud Infrastructure FastConnect」を、本日より提供開始いたします。

IIJクラウドエクスチェンジサービス for Oracle Cloud Infrastructure FastConnectは、IIJのバックボーン上にお客様専用のネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」を経由し、Oracleの閉域網接続サービス「FastConnect」を利用可能にするサービスです。お客様は本サービスを利用することで、自社ネットワークとOCI を、インターネットを介さず、信頼性の高い閉域環境で接続できます。

IIJクラウドエクスチェンジサービスでは、Microsoft AzureやMicrosoft 365、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)といった複数のクラウドサービスへの閉域接続サービスをフルマネージドで提供しています。本サービスの追加により、お客様はOCIを含めた各クラウドサービスを組み合わせて構築したマルチクラウド環境を、安全かつシームレスなネットワーク環境下でご利用いただけます。

なお、本サービスはシステムインテグレーター向けの接続方式「パートナーコネクト(※1)」にも対応しており、パートナー各社から提供するソリューションラインナップとしてもご活用いただけます。

IIJクラウドエクスチェンジサービス for Oracle Cloud Infrastructure FastConnect 特徴

お客様サイトと OCI 間を信頼性の高い安定した閉域網で接続

本サービスでは、IIJ設備上に構築したお客様専用ネットワーク「IIJプライベートバックボーンサービス」と OCIの閉域網接続サービス「FastConnect」を繋ぐことで、お客様のオンプレミス環境やデータセンターとOCI間を低遅延かつ安定した信頼性の高いネットワークで接続します。接続形態は、OCIのIaaSを利用するための「プライベートピアリング」と、オブジェクト・ストレージなどのPaaSを利用するための「パブリックピアリング」の2つがあり、同一の閉域環境で両方の接続を併設して利用することが可能です。なお、パブリックピアリングの利用に必要となるNAT機能(※2)もサービスとして提供するため、お客様側では、自社のネットワーク環境におけるNAT機能のためのゲートウェイ設備は不要となります。

マルチキャリアでの冗長化ネットワークを提供

IIJネットワークと OCI 間は、耐障害性を考慮した異ルートおよびマルチキャリアでの冗長構成により、OCI への安定した接続性を提供します。東京および大阪の2つのリージョンでサービス設備を運用しており、お客様のご要望に応じて、DR対策として東西での冗長構成をとることも可能です。
IIJプライベートバックボーンサービスへのアクセスポイントは、北海道から九州まで全国11拠点に用意しており、最寄りのアクセスポイントまで低コストでの接続が可能です。また、主要な複数キャリアのアクセス回線に対応しているため、マルチキャリアによる信頼性の高いネットワークを構築いただけます。

柔軟なマルチクラウド環境を構築可能

IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」に加えて、Microsoft Azure、Microsoft 365、AWS、GCPなど、マルチクラウドでの閉域接続に対応できるため、お客様はOCIを含め、各クラウドの特性に応じて適材適所でサービスを選択し、業務に最適なマルチクラウド環境を柔軟に構築できます。

  • (※1)2020年11月30日付報道発表資料「IIJ、システムインテグレーター向けの新接続方式「パートナーコネクト」を開始」:
    https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2020/1130.html
  • (※2)NAT(Network Address Translation): ネットワークアドレスを変換する技術。社内で割り当てられたプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換して、クラウド環境へのアクセスを可能にします。

参考価格/100Mbpsの帯域(*)を利用した場合

月額 217,000円(税抜) (内訳)
  • IIJネットワークへの接続利用料(「IIJプライベートアクセスサービス」利用料): 77,000円
  • IIJクラウドエクスチェンジサービス for Oracle Cloud Infrastructure FastConnect: 140,000円
  • (※)別途お客様サイトからIIJネットワークまでの接続回線や接続機器、FastConnect 利用料(1Gbps月額およそ20,000円)が必要となります。
  • (*)接続回線帯域は、50Mbps~2Gbpsまでお選びいただけます。

サービスイメージ

IIJクラウドエクスチェンジサービス for Oracle Cloud Infrastructure FastConnect<br />イメージ

IIJでは今後も、複数のクラウドサービスとの連携を強化し、IIJの多彩なネットワークサービスを組み合わせながら、お客様のマルチクラウド利用を支援してまいります。

日本オラクル株式会社からのエンドースメント

日本オラクルは、IIJが提供する「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Oracle Cloud Infrastructure FastConnect」が提供開始されることを心より歓迎いたします。
今回接続いただく「Oracle Cloud Infrastructure」はミッション・クリティカル・ワークロードに対して最適な環境を提供するクラウド・サービスです。本サービスとの連携により低遅延でセキュアな接続が実現されます。さらに東京、大阪の両リージョンへ接続いただくことにより、お客様の業務継続要件にも対応ができ、多くのニーズにお応えできるようになります。
IIJとの協業により、お客様のデータドリブンなデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献してまいります。

日本オラクル株式会社 常務執行役員 アライアンス統括 佐野守計

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る