ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. 農業IoTシステム向けに太陽光充電のDIYキット「LoRaWAN®ソーラー基地局DIYパッケージ」を販売開始

プレスリリース2020年

農業IoTシステム向けに太陽光充電のDIYキット「LoRaWAN®ソーラー基地局DIYパッケージ」を販売開始

圃場脇や空き地など屋外で場所を選ばず、IoTシステムの無線基地局が設置可能に

2020年6月17日
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社カウスメディア

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、以下IIJ)と株式会社カウスメディア(本社:千葉県船橋市、以下カウスメディア)は、IoT向けの無線通信方式であるLoRaWAN®に対応した無線基地局の屋外での利用ニーズに応え、太陽光充電ができるようソーラーパネルや充電式バッテリーなどをセットにした「LoRaWAN®ソーラー基地局DIYパッケージ(以下本パッケージ)」を共同開発し、カウスメディアが2020年6月17日より、主に農業経営体向けに同社Webサイトで販売開始いたします。

本パッケージは、ソーラーパネル、充電式バッテリー、USB出力対応充電コントローラーなど、お客様がご自身で安価に組み立てられるような必要部材のセットで構成されています。IoTセンサーを設置している圃場までがLoRaWAN®の無線が届く範囲(約1~2km)を超えた場所にある場合や、基地局と圃場との間に建物など遮蔽物がある場合で、電源確保が難しい圃場脇、傾斜地などでご利用いただけます。

開発の背景

IIJでは、水田の水位と水温を測定するIoTセンサーや、複数のセンサーからデータを収集してクラウドに送信するための無線基地局、測定値を遠隔からスマートフォンで確認するための専用アプリなどをセットにした「水管理パックS」を2020年3月より提供しています。本パックに含まれる無線基地局Kiwi Technology製「TLG3901BLV2」は、お客様の宅内や作業所など屋内に設置していただくことを想定しており、長距離(約1~2km)の無線通信が可能な無線方式LoRaWAN®に対応しています。しかしながら、IoTセンサーを設置している圃場までの距離が遠い場合や、基地局と圃場との間に建物など遮蔽物がある場合には、データ通信が不安定になることがあり、無線基地局を圃場脇や空き地など屋外に設置するには、電源の確保が必要でした。そこで今般、IIJとカウスメディアが共同で、お客様がご自身で組み立てられるよう必要部材をセットにした、安価な太陽光充電のDIYパッケージを開発したものです。

設置例

設置例1

設置例2

利用イメージ

利用イメージ

製品名

LoRaWAN®ソーラー基地局DIYパッケージ

構成品

  • 100Wソーラーパネル
  • 55Ahディープサイクルバッテリー
  • USB出力対応充電コントローラー
  • 各種ケーブル
  • ソーラーパネル取付金具またはソーラーパネル架台
  • 防雨・防水ボックス(穴あけなど加工したもの)  など
  • (※)本パッケージの詳細は https://www.kausmedia.co.jp/shopbrand/ct107/ をご覧ください。
  • (※)単管パイプ、クランプ、結束バンドなどの追加部材、および単管ドリル、ハンマー、水平器などの設置用の道具類は、お客様ご自身でご用意ください。

部材のイメージ(一部)

100Wソーラーパネル

100Wソーラーパネル

55Ahバッテリー

55Ahバッテリー

電源ボックス

電源ボックス

通信ボックス

通信ボックス

鳥よけ

鳥よけ

ケーブル保護チューブ

ケーブル保護チューブ

ダイヤルロック

ダイヤルロック

提供価格

50,890円(税込)

販売開始日

2020年6月17日

販売方法


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る