ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. IIJ、企業のテレワーク需要急増を受けて リモートアクセスサービスの設備を数倍規模に増設、数十万台のデバイスを収容可能に

プレスリリース2020年

IIJ、企業のテレワーク需要急増を受けて リモートアクセスサービスの設備を数倍規模に増設、数十万台のデバイスを収容可能に

リモートアクセスサービスの契約数は2月からおよそ2.5倍、トラフィックは約4倍に急増

2020年4月23日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、急増するテレワークの需要に対応するため、リモートアクセスサービスの設備を大幅に増設することをお知らせいたします。

政府が緊急事態宣言を発令し、新型コロナウイルスの感染拡大対策として企業にテレワークの実施を推奨するなか、リモートアクセス関連サービスへの需要が急増しています。

IIJでは、クラウド型リモートアクセスサービスとして、メールや社内システム利用など一般的な業務に適した「IIJ GIOリモートアクセスサービス(※1)」および、高い通信品質で、Web会議等のリアルタイム性が要求される用途に最適なVPNサービス「IIJフレックスモビリティサービス(※2)」を用意しています。
特に2018年12月に提供を開始したIIJフレックスモビリティサービスには、高い通信品質で快適にテレワークしたいというニーズが強く、2020年4月20日時点の契約デバイス数累計は5万台超と、2月末時点と比較しておよそ2.5倍となっています。3月にお申し込みいただいたデバイス数は、前月までの月平均の申し込み数と比較して約9倍に増えるなど、お客様の急激な需要の増加が顕著にあらわれています(図1)。同時にIIJフレックスモビリティサービス トラフィックも、2月後半から、3月、4月と、倍増するペースでピークが増えており、企業におけるテレワークの導入が急速に進んでいると推測されます(図2)。

また、緊急事態宣言の対象地域が全国に広がったことで、今後さらなる需要の拡大が見込まれます。そのためIIJでは、お客様に安心してサービスをご利用いただけるよう順次設備を増設しており、今後現状の数倍の顧客(数十万デバイス)を収容できる規模まで増強してまいります。

図1<br />IIJフレックスモビリティサービス <br />累計契約数の推移と今後の見込み

図1 IIJフレックスモビリティサービス 累計契約数の推移と今後の見込み

図2<br />IIJフレックスモビリティサービス <br />トラフィック推移(2020年1月1日~4月15日)

図2 IIJフレックスモビリティサービス トラフィック推移(2020年1月1日~4月15日)

なお、これらのリモートアクセスサービスを使ってテレワーク環境を構築するには通常1~2ヵ月かかることから、環境を整備するまでの応急対策として、IIJでは即日リモートアクセス環境を構築できる企業向けルータ「SEIL(ザイル)」を無償で提供しておりますが(※3)、無償提供期間を6月末まで延長いたします。
また、IIJフレックスモビリティサービスにおいても、6月末までにお申し込みいただいたお客様を対象に、初期費用及び月額費用を2ヵ月分無償で提供いたします(※4)

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
  • (※)本件による2020年および2021年3月期連結業績に与える影響は限定的です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る