ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. IIJ、企業のテレワークを支援するリモートアクセス環境を5月末まで無償提供

プレスリリース2020年

IIJ、企業のテレワークを支援するリモートアクセス環境を5月末まで無償提供

新型コロナウイルス感染症対策として早急にテレワークを導入したい企業を支援

2020年3月13日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、急速にニーズが増えている在宅勤務およびテレワークを実現するリモートアクセス環境を、2020年5月末までの期間限定で無償提供いたします。

新型コロナウイルスの感染防止対策として政府が企業にテレワークの実施を推奨するなか、当社には、これまでリモートアクセス環境を導入していなかった企業や、導入していたものの利用者が想定以上に多く、システムが足りなくなった企業などから、早急に環境を整備したいという声が多く寄せられています。そうした喫緊のニーズに対応すべく、IIJでは、最短で即日、リモートアクセスサーバ機能を備えたVPN機器(SEIL(※))を出荷します。遠隔でSEILを管理するマネージメントサービス「IIJ SMF sxサービス」を利用するため、届いたSEILはケーブルをつないで電源を入れるだけで設定情報を自動で取得して動作します。SEILを利用しリモートアクセス環境を構築いただくことで、お客様の迅速なテレワーク導入を支援いたします。

一般的に、リモートアクセス環境を構築する際には、利用端末の制限(端末認証)や多要素認証、アクセス先制御など、様々なセキュリティ対策が必要になります。また、Web会議や仮想デスクトップをテレワークで利用する場合は、通信品質も課題となることから、通常、IIJでは、多くの企業が求めるセキュリティ機能を備えた「IIJ GIOリモートアクセスサービス」や、高セキュリティかつ通信品質が高いVPNサービス「IIJフレックスモビリティサービス」を提供し、安全で高品質なリモートアクセスを実現しています。ただし、これらのサービスを使って環境を構築するには通常1~2ヵ月かかるため、今回は緊急時の応急対策として、即日リモートアクセス環境を構築できる企業向けルータ「SEIL」を提供いたします。

SEILでは、接続認証としてアカウントID/パスワード認証を利用します。1台で同時に50接続のリモートアクセスが可能です。情報漏えい等のセキュリティリスクを考慮し、許可する接続はリモートデスクトップ(RDP)のみに制限することで安全なテレワーク環境を実現します。RDP接続時に接続元のローカルPCへのデータコピーを制御することも可能です。

なお、今回ご提供するリモートアクセス環境は、あくまで緊急時の一時的な利用と想定しており、継続的なリモートアクセス環境が必要な場合は、自社に必要なセキュリティ要件や利便性などを検討したうえで、再整備することを推奨いたします。

  • (※)SEIL:IIJがISPとしてのノウハウを元に自社開発した企業向けルータで、ネットワークサービスに最適な機能を有し、拠点間VPNやリモートアクセス、ファイアウォールなど、様々な用途に利用されています。

提供条件

提供期間 2020年3月13日~5月31日
IIJが提供するもの
  1. IIJ SMF sxサービス(SEILのマネージメントサービス)
  2. サービスアダプタ(VPN機器):SEIL/X1(シングル構成)
  3. 初期設定作業:L2TP/IPsecでのVPN接続に必要な設定、アカウント情報登録(ローカル認証)
  4. ローカルへのデータコピーを制御するレジストリ変更手順書
お客様にご用意いただくもの/お客様側で必要となる作業
  • NTT東日本もしくは西日本のフレッツ回線(ファミリー・マンションタイプ)
  • プライベートIPアドレス(1つ)
  • PPPoEセッションの空き(1セッション)
    ※SEIL/X1がPPPoE接続を行える環境をご用意ください。
  • サービスアダプタの設置場所、電源
  • サービスアダプタを接続するお客様社内システム側の設定変更
  • サービスアダプタの設置、ケーブル結線作業
  • リモートアクセス利用者のPC、およびPCのVPN接続設定
  • リモートアクセス利用者のインターネット接続環境(モバイル等)
その他条件
  • SEIL/X1の設置場所は国内に限定します。
  • 同時接続数は50です。
  • お客様先への訪問や現地作業代行には対応しておりません。
  • 無償提供のため、サポート対応はお受けしておりません。サポートが必要なお客様に対しては、有償のオプションメニューを別途用意いたします。

利用イメージ

利用イメージ

  • (※1)ローカルへの持ち出しを禁止するようお客様側のレジストリを変更。グループポリシーで設定を配布。
  • (※2)ユーザは社内に配置しているPCにRDPで接続
報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る