ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2018年
  6. IIJ、「IIJマネージドデータベースサービス」においてMicrosoft SQL Server 2017を提供開始

プレスリリース2018年

IIJ、「IIJマネージドデータベースサービス」においてMicrosoft SQL Server 2017を提供開始

クラウド型データベースサービスでMicrosoft SQL Server 2017をオンライン構築

2018年12月13日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、クラウド型データベースサービス「IIJマネージドデータベースサービス」に「Microsoft SQL Server 2017」を追加し、本日より提供開始いたします。

IIJマネージドデータベースサービスは、お客様占有の仮想サーバ上で高性能なデータベースを月額で提供するクラウド型サービスです。お客様は、冗長構成やバックアップ等の複雑なデータベース運用に手を煩わせることなく、手軽にデータベースを機能制約なしにご利用いただけます。 Microsoft SQL Server 2008および2008 R2のサポート終了(2019年7月予定)に伴い、新バージョンへのクラウド移行を検討中のお客様に最適です。

本サービスの特徴

マネージドとユーザセルフ機能

オンラインで選択したスペックのサーバに、Microsoft SQL Server 2017が自動でインストールされます。専用のコントロールパネルでは、データベースの運用監視や、容量を問わずにバックアップやリストアが行えます。また、お客様の任意のタイミングで、インスタンスの操作やパッチ適用が行えるほか、データベースの管理者権限を付与したユーザでご利用いただけるため、お客様のスキルをそのままにデータベース機能をお使いいただけます。

オンラインで冗長構成を構築

スペックの品目により、オンライン上でデータベースの冗長構成が構築できます。お客様はクラウド構成やクラスタソフトウェアの設計に負担をかけることなく、クラウド環境で容易に高可用な構成を組むことができます。「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft(※1)」や、「IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS(※2)」を利用することで、IIJのクラウドとMicrosoft AzureやAWS(アマゾン ウェブ サービス)を閉域網で接続できるため、Microsoft SQL Server 2017の「読み取りスケール可用性グループ」を活用し、マルチクラウド間でデータベースの冗長化を図り、クラウドロックインをせずにデータベースを保護することが可能です。

Microsoft SQL Server 2017 提供概要

データベース CPU/メモリ 冗長構成 月額
Microsoft SQL Server Web Edition 2vcore/3GB~12vcore/24GBまでの4種類から選択 シングル 22,500円~
Microsoft SQL Server Standard Edition 2core/6GB~16core/64GBまでの6種類から選択 シングル 72,500円
ホットスタンバイ 152,300円~
Microsoft SQL Server Enterprise Edition 2core/6GB~16core/64GBまでの6種類から選択 シングル 188,500円~
ホットスタンバイ 358,200円~

サービス概要図

IIJマネージドデータベースサービス<br />Microsoft SQL Server 2017

  • (※1)IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft:Microsoft Azureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」を利用し、IIJのバックボーン経由でAzureとお客様のオンプレミス環境を接続するサービスです。
  • (※2)IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS:AWSの閉域網接続サービス「AWS Direct Connect」を利用し、IIJのバックボーン経由でAWSとお客様のオンプレミス環境を接続するサービスです。

IIJでは今後とも、お客様のデータベースの運用負荷を軽減できるよう、バージョンアップ機能やリモートバックアップ機能などサービスの機能拡張を積極的に進めてまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る