ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2022年
  6. 広帯域で柔軟なクラウド接続を実現する新たなネットワークサービス「IIJプライベートバックボーンサービス/Smart HUB」を提供開始

広帯域で柔軟なクラウド接続を実現する新たなネットワークサービス「IIJプライベートバックボーンサービス/Smart HUB」を提供開始

新ネットワークサービス基盤でオンプレミスと各種クラウド間を直接接続。クラウドごとに接続帯域を自由に配分可能

2022年6月15日
株式会社インターネットイニシアティブ

PDF [706KB]PDF / English

当社は、お客様ネットワークと各種クラウドサービス間を広帯域で接続し、クラウドの利用状況に応じて柔軟に接続帯域のコントロールを実現する「IIJプライベートバックボーンサービス/Smart HUB(スマートハブ、以下Smart HUB)」を、2022年6月30日より提供開始いたします。本サービスでは、各種クラウドサービスとの接続帯域を、あらかじめプールされた契約帯域からお客様側で自在に割り当てることが可能で、トラフィック量に応じた接続環境を最適なコストで確保でき、マルチクラウド活用時の利便性を大幅に向上します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進や働き方改革、また、コロナウイルス感染症拡大を背景に、国内企業では自宅やサテライトオフィスなど、会社以外でも場所を問わずに仕事ができる業務環境の整備が進んでいます。こうしたなか、多くの業務システムで自社ネットワーク環境(オンプレミス)からクラウドサービスへの移行が進んだことにより、増大するクラウド接続のトラフィック量への対処、通信の安定性の確保、また、クラウド利用量の変動や複数のクラウドサービスの使い分けに対応可能な柔軟なネットワーク環境が求められています。
そこでIIJでは、増え続ける各種クラウドサービスへのトラフィックに柔軟に対応し、広帯域でのマルチクラウド接続に最適なネットワークサービス「Smart HUB」を提供いたします。
今回のサービス提供にあたっては、シスコシステムズ合同会社のデータセンター向けSDNソリューション「Cisco ACI(Application Centric Infrastructure)」、ジュニパーネットワークス株式会社の「vSRX仮想ファイアウォール」を採用し、両社協力のもと、新たに広帯域接続に特化した新基盤を開発し、10Gbpsを超える広帯域・大容量接続も可能としています。

IIJプライベートバックボーンサービス/Smart HUB 特徴

オンプレミスとクラウドの直結により大容量で安定した通信を実現

オンプレミスとクラウドサービスを直接接続する新たなネットワークインフラの提供により、各種クラウドサービス(Microsoft Azure、AWS、Microsoft365)と、広帯域かつ安定した接続が可能です。また、本サービスはIIJのバックボーン上にお客様専用のネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」と接続しており、セキュアなネットワークを介してIIJのデジタルワークプレース関連サービスと連携することが可能です。

各クラウドの接続に必要な帯域を自由に割り当て可能

クラウドごとの接続帯域ではなく、すべてのクラウド全体に必要な帯域を「帯域プール」(最大100Gbps)として契約する形態のため、お客様は「帯域プール」から必要な帯域を必要な時に各クラウドサービスへ割り当てることが可能になり、マルチクラウド活用時の利便性が大幅に向上します。
また、本サービスでは専用のコントロールパネルを用意しており、帯域割当てやファイアウォール設定などの変更がオンデマンドに行えます。小規模に導入した後、徐々に帯域を増やしたり、急遽必要/不要になったトラフィックにあわせて、自由に帯域を変動させるなど、柔軟なネットワークコントロールを実現できます。

専門ノウハウを必要とするクラウド接続運用をお客様に代わって吸収したマネージドサービス

各クラウドとの直接接続においては、クラウド事業者がそれぞれの技術的仕様や運用方針に基づき接続環境のアップデートを日々実施しているため、利用者側で事業者ごとに異なる様々な変更に追従したり、課題・トラブルへの対処が必要になります。本サービスはマネージドで提供するため、急な仕様変更への対応など突発的な問題にも、これまで培ったインターネット運用の技術やクラウド接続の知見をもとにお客様に代わって対処し、高品質で安定したクラウド接続環境を継続して提供します。

提供機能

基本品目

帯域プール 各ポートに割り当てた帯域に応じて課金されます
リージョン 東日本または西日本(※)でサービス設備の所在地は選択可能
  • (※)西日本リージョンは2022年10月提供予定

追加品目

オンプレミス接続ポート(構内回線接続) IIJデータセンター内にてお客様拠点に対する接続機能
クラウド接続ポート タイプA:プライベート AWS Direct Connectに対する接続機能
タイプA:パブリック(※)
タイプM:プライベート Microsoft Azure ExpressRouteに対する接続機能
タイプM:パブリック(※)
タイプM2:パブリック(※) Microsoft Azure Peering Serviceに対する接続機能
NAPTセッション(30,000セッション~)(※) パブリック接続時のアドレス変換機能
スタティックNAT
(1グローバルIPアドレス~)(※)
パブリック接続時、クラウドからオンプレミスに対して通信する必要がある場合に静的なアドレスを提供
ファイアウォール(50万セッション~)(※) 各ポートに仮想ファイアウォールを設置可能
  • (※)クラウド接続ポート(パブリック)、NAPTセッション、スタティックNAT、ファイアウォールは2022年10月以降提供予定

サービスイメージ

IIJプライベートバックボーンサービス/Smart HUB

IIJでは今後も、多彩なネットワークサービスを組み合わせながら、お客様のクラウド利用を支援してまいります。

関連資料

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る