ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2022年
  6. IIJ、世界シェアNo.1のWebサーバソフトウェア「NGINX」向けLDAP認証モジュールを無償提供

IIJ、世界シェアNo.1のWebサーバソフトウェア「NGINX」向けLDAP認証モジュールを無償提供

Windows用のアカウント・パスワードをそのままWebのアクセス制御に利用可能に

2022年6月14日
株式会社インターネットイニシアティブ

PDF [248KB]PDF / English

当社は、Webサイトの構築に必要なWebサーバソフトウェア「NGINX(エンジンエックス)」 と組み合わせて利用する、アクセス制御機能(モジュール)「ngx_auth_mod(エンジンエックス・オース・モッド)」を開発し、本日より、ソフトウェア共有サービス「GitHub(ギットハブ)」を通じて無償で提供を開始いたします。

NGINXについて

NGINXは、Igor Sysoev氏が2004年に開発・公開したWebサーバソフトウェアで、高速で大量アクセスの処理に向いていることから、大規模WebサイトやCDNなどで広く使われ、現在世界で最も高いシェアを持っています(※1)。現在はNGINX, Inc.が開発を管理し、オープンソースライセンスでの無償提供、および有償の製品NGINX Plusとして提供されています。
また、NGINXには機能を拡張するためのモジュールが多数提供されており、これらのモジュールにもNGINXの一部として配布されているものと、第三者が配布しているものがあります。IIJは今回開発した「ngx_auth_mod」を第三者配布のモジュールとして、オープンソース提供いたします。

イメージ

IIJ開発のモジュール「ngx_auth_mod」について

NGINXを、社内ポータルサイトなどアクセス制限が必要なWebサイトで利用する際には、利用者を確認してアクセス可否を決定するための「認証モジュール」を追加する必要があります。今回IIJが開発した「ngx_auth_mod」は、NGINXの認証機能と社内のWindowsアカウント(Active Directory)をLDAP(エルダップ)(※2)方式で連携させる機能です。ngx_auth_modを使うことで、普段Windowsで利用しているアカウント・パスワードをそのままWebのアクセス制御に利用でき、安全性と利便性の両立が可能になります。
NGINX用LDAP認証モジュールは、これまでも他の開発者からも提供されていましたが、「ngx_auth_mod」は他のモジュールと比べてよりセキュリティに配慮した設計になっていること、さらに設定がより簡単なことが特徴です。

  • (※2)LDAP(Lightweight Directory Access Protocol): ネットワークを介してデータベースに問い合わせを行うための手順のひとつ。アカウント・パスワードを一括管理するサーバ(認証サーバ)に問い合わせる際に利用されることが多い。

「ngx_auth_mod」提供概要

提供形態

オープンソースライセンス(MITライセンス)に基づく提供 (無償提供)

提供方法

GitHubでの公開

GitHub URL

提供開始日

2022年6月14日より公開

同プラグインの詳細はGitHubに掲載の説明書をご覧ください。

また、開発者による背景の説明をIIJエンジニアブログに掲載しています。

イメージ

イメージ

IIJは「ngx_auth_mod」の提供を通じ、より安全なインターネット利用に貢献したいと考えています。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る