ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2021年
  6. IIJ、SOCサービスにおいて、エンドポイント製品の監視、対応を強化

IIJ、SOCサービスにおいて、エンドポイント製品の監視、対応を強化

IIJ SOCがIIJセキュアエンドポイントサービスで検知したインシデントの調査および一次対応を実現

2021年6月7日
株式会社インターネットイニシアティブ

PDF [325KB]

当社は、セキュリティオペレーションセンター(SOC)でお客様システムのセキュリティログを監視しインシデント対応を行う「IIJ C-SOCサービス」の機能を拡張し、本日より、IIJセキュアエンドポイントサービスで提供しているカナダBlackBerry®社のEDR(※)製品「BlackBerry Optics(旧名称:CylanceOPTICS)」を監視、対応の対象に追加いたします。IIJセキュアエンドポイントサービスのBlackBerry Opticsで発生するアラートを、IIJ SOCの専任セキュリティアナリストが24時間365日監視し、必要に応じて一次対応まで行うことで、インシデント発生時の調査・対処の迅速化や作業負担の軽減を実現します。

IIJ C-SOCサービスでは、クラウド型の総合エンドポイントセキュリティサービス「IIJセキュアエンドポイントサービス」と連携し、エンドポイント端末を監視できる「エンドポイント(EP)連携モジュール」を提供しています。EP連携モジュールの対象にBlackBerry Opticsを追加することで、エンドポイント側でインシデントが検出された際の状況確認や、ネットワーク隔離も含めた対応を一元的に行います。

BlackBerry Opticsは、端末上で暗号化された通信やネットワーク内の感染の広がりなど、端末でしか特定できない不正な挙動を独自に検知できるほか、プロセスの強制停止、端末をネットワークから論理隔離するなどの制御機能も備えています。一方で、検知したアラートをもとに端末上の状況を把握したり、原因追求や脅威への対処をするには、高度なスキルが必要なうえ24時間365日いつ発生するかわからないインシデントに対応できる体制の構築が難しいなど、お客様側で導入後の運用が課題となることが多いのが現状です。そこで、BlackBerry OpticsをIIJ SOCの監視対象に追加し、IIJセキュアエンドポイントサービスと連携することで、エンドポイントの状況の確認やインシデント対応をIIJの専任セキュリティアナリストがお客様に代わって対処いたします。

  • (※)EDR(Endpoint Detection and Response):PCなどのエンドポイントで起きている挙動(ファイルやプロセスの動き、レジストリ変更など)を自動的に収集したうえで、さらに攻撃プロセスを関連付けて調査の迅速化や正確性の向上、拡散範囲の特定などを実現する製品。

本オプションの特徴

  • 検知したアラートをトリガとして、高度なスキルを持ったIIJ SOCのアナリストがお客様に代わりエンドポイントのインシデントの分析や一次対応を行うため、お客様側の運用負荷を最小限に抑えることが可能です。
  • C-SOCサービスのオプションとして導入いただくことで、エンドポイントのログだけでは判定が難しい脅威に対しても、ファイアウォールやプロキシなどのログと組み合わせて分析できるため、精度の高い調査により最新の脅威にも対処可能になります。
  • (※)ファイアウォールやプロキシなどのログとの相関分析には、IIJ C-SOCサービスの各連携モジュールのご契約が必要です。

利用料金(100ユーザの場合)

  • 初期費用 864,000円(税抜)~
  • 月額費用 366,500円(税抜)~
  • (※)利用料金には IIJ C-SOCサービス基本料金、EP連携モジュール費用、オプション費用が含まれます。
  • (※)本オプションは、IIJ C-SOCサービスのプレミアムプラン、アドバンストプランに付帯するオプションです。ベーシックプランではご利用いただけません。
  • (※)本オプションの利用には、別途IIJセキュアエンドポイントサービス アンチウイルス:Cylance CylanceOPTICSオプションの契約が必要です。

サービスイメージ

IIJ C-SOCサービス サービスイメージ

今後も積極的にエンドポイント製品を監視対象に追加し、従来行ってきた通信上での監視に加え、エンドポイントにおける監視、対応の強化をすすめてまいります。

IIJは今後も、「安全をあたりまえに」をコンセプトとするセキュリティ事業ブランド「wizSafe(ウィズセーフ)」の下に、インターネットを誰もが安心して安全に使える社会インフラへと発展させるべく、活動してまいります。

BlackBerry Japanからのエンドースメント

現在顧客にとって、サイバー攻撃の手法とセキュリティ対策の双方に高度な知識を持ち、日々発生する多種多様なアラートに対応できる人材の確保は、ますます難くなっております。このような状況下において、顧客に代わり、運用、実行を効果的に提供するMDRソリューションに対する要望が急増しております。この度、最新のサイバーセキュリティに対する高度な知識、BlackBerryのセキュリティ製品に対する深い知識、高度な運用ノウハウを持つ株式会社インターネットイニシアティブが、弊社MDRパートナーとしてサービスの提供を開始し、より多くのお客様のサイバー事故を未然に防ぎ、ビジネス成功に寄与できることを確信しております。

BlackBerry Japan株式会社 執行役員社長 吉本 努

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る