ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2015年
  6. 「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」において「ExpressRoute for Office 365」に対応

「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」において「ExpressRoute for Office 365」に対応

「Office 365接続オプション」として12月21日より提供開始

2015年12月16日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)は、「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」において、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:平野 拓也、以下日本マイクロソフト)が提供する「ExpressRoute for Office 365」(※1)に対応し、「Office 365接続オプション」として2015年12月21日より提供開始いたします。

「IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure」(以下、本サービス)は、IIJのバックボーン上に構築したお客様専用のプライベートネットワークを経由し、Microsoft Azureの閉域網接続サービス「ExpressRoute」を利用可能にするサービスです。「Office 365接続オプション」をご利用いただくことで、お客様はインターネットを経由せず閉域網を通してOffice 365にアクセスでき、より安全性の高い、低遅延で安定した通信環境でビジネスアプリケーションをお使いいただけます。

「ExpressRoute for Office 365」対応に併せて、本サービスのゲートウェイにNAT (※2)機能を新たに追加し、Microsoftピアリング及びAzureパブリックピアリングの利用に必要となるNAT機能をサービスとして提供します。これにより、お客様は、自社のネットワーク環境におけるNAT機能のためのゲートウェイ設備が不要となります。また、IIJのクラウド型メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス for Office 365」を組み合わせて利用いただくことで、メールシステムのセキュリティを強化することも可能です。

サービス概要図

サービス料金

お客様がご利用になるOffice 365のユーザ数や、Office 365環境との通信でご利用になるセッション数に応じてお見積りいたします。

また、同じく12月21日より、本サービスにおいてMicrosoft Azureの西日本リージョンのExpressRouteへの接続に対応いたします。これによりMicrosoft Azureの西日本リージョンに直接閉域網でアクセスすることが可能となり、東日本と西日本を冗長化したDR(ディザスタリカバリ)構成にも対応いたします。

キャンペーン

ご好評いただいている「IIJクラウドエクスチェンジサービス10Mbpsスモールスタートキャンペーン」の受付期間を2016年3月31日まで延長いたします。「Office 365接続オプション」もご利用いただけるキャンペーンとなっており、お客様の検証導入や、早期のご導入を支援いたします。

セミナー

「Office 365接続オプション」をご紹介するセミナーを以下のとおり開催いたします。詳細・申込は各サイトをご覧ください。

セミナー 【緊急開催&案件相談会付き】 『ExpressRoute for Office 365』徹底解説
~日本一早い!! Office 365の閉域網サービスを徹底解説いたします~
日時
  • 2015年12月22日(火) 16:00~18:00
  • 2016年 1月12日(火) 16:00~18:00
  • 2016年 1月19日(火) 16:00~18:00
会場 日本マイクロソフト株式会社 品川本社
共催 IIJ、日本マイクロソフト
内容 本セミナーでは、Office 365を導入、もしくは検討されているお客様向けに
Office 365の閉域網で何が実現可能か、また導入・運用時に
実際に注意するべきポイントを分かりやすく解説いたします。

なお、本プレスリリースに際し、「Office 365接続オプション」の採用を表明されました大成建設株式会社様より以下のコメントをいただいております。

大成建設株式会社 社長室 情報企画部 部長(担当) 北村 達也様

請負業である建設業においては、お客さまの大切な情報を海外のデータセンターに保存するクラウドサービスの利用は、慎重に検討しなければならないと考えています。Office 365が日本国内のデータセンターからサービス提供されることを機に大成建設グループ全体で利用する2万人規模のICTインフラをOffice 365サービスに移行し、スライスタイム(隙間時間)の活用による業務時間の創出や迅速なコミュニケーション、承認業務の時間短縮による業務のスピードアップなどによる、ワークスタイルの変革・生産性向上を目指します。全社員が同時間帯に集中して利用するコミュニケーションや、情報共有のサービスをクラウドに移行する際、非常に高いレベルの信頼性と高パフォーマンス・低遅延のネットワーク環境が求められることを想定してネットワーク設計を行った結果、閉域網接続「ExpressRoute」と「IIJクラウドエクスチェンジサービス」の採用が不可欠であると判断しました。

事業継続性の確保についても、大成建設が利用する複数のデータセンターから異なる通信事業者の回線でIIJのデータセンターに接続し冗長構成とすることで「ExpressRoute」への接続を維持します。さらに、インターネット経由の接続経路への切り替えも可能とすることで、万全の情報システム継続性を確保しています。

現在、来春のカットオーバーを目指してOffice 365の試行を開始していますが、イントラネットの延長としてOffice 365に接続できる「IIJクラウドエクスチェンジサービス」のパフォーマンスに期待しています。

  • (※1)ExpressRoute for Office 365: パブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」の閉域網接続サービス「ExpressRoute」を通してOffice 365にアクセスするサービス。単一のネットワークから閉域でMicrosoft AzureとOffice 365の両方にアクセスできます。
  • (※2)NAT(Network Address Translation): ネットワークアドレスを変換する技術。社内で割り当てられたプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換して、Office 365へのアクセスを可能にします。

IIJでは今後とも、お客様に安全性と利便性を兼ね備えたクラウド環境を提供してまいります。

日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

日本マイクロソフト株式会社は、株式会社インターネットイニシアティブによるExpressRoute for Office 365に対応した閉域網接続サービスの提供を歓迎いたします。ビジネス要件に応じた様々なセキュリティレベルが求められるなか、業務上閉域網接続サービスが必要、また一貫して高いパフォーマンスが必要というお客様のニーズに応えたサービスを提供できることは日本市場でのクラウドサービスの活用促進のための重要な要素のひとつであり、マイクロソフトが推進する「信頼できるクラウド」を加速させるものです。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
アプリケーション&サービス マーケティング 本部長
越川 慎司

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

本件に関するお問い合わせ

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る