ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2021年
  6. IIJ America、「IIJA マネージドEDRサービス」を提供開始

IIJ America、「IIJA マネージドEDRサービス」を提供開始

米CrowdStrike社製EDR製品をマネージドサービスとして提供し、在米日系企業のセキュリティ強化をサポート

2021年10月20日
IIJ America Inc.

PDF [258KB] / English

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の100%子会社であるIIJ America Inc.(本社:ニューヨーク、以下IIJ America)は、米CrowdStrike社(※1)のEDR(※2)製品「CrowdStrike Falcon®」を活用し、お客様に代わってエンドポイントセキュリティの運用を行うマネージドサービス「IIJA マネージドEDRサービス」を本日より提供開始いたします。

本サービスでは、EDR製品導入時のポリシー設定やチューニングをはじめ、セキュリティインシデント発生時のイベントログ分析、脅威レベルに応じた端末の自動隔離や対処などをIIJ Americaの専任エンジニアが代行します。また、脅威ハンティング、対象端末の脆弱性チェックなどプロアクティブな対応に加え、お客様の既存IT環境を考慮したセキュリティ運用アドバイスを行います。お客様は、セキュリティの専門的なスキルがなくとも、本サービスを利用することで、セキュリティインシデントの迅速な検知、対応、報告、対策が可能になります。

  • (※1)CrowdStrike社は、クラウド型EDR市場において「リーダー」に格付けされており、IDCによる2020年クラウド型エンドポイントセキュリティ市場調査(Worldwide Corporate Endpoint Security Market Shares, 2020)で1位を獲得しています。
  • (※2)EDR(Endpoint Detection and Response): PCやサーバなどのユーザ端末(エンドポイント)で起きている挙動(ファイルやプロセスの動き、レジストリ変更など)を自動的に収集した上で、さらに攻撃プロセスを関連付けて調査の迅速化や正確性の向上、拡散範囲の特定などを実現する製品。

背景

昨今、米国内ではテレワークが定常化し、クラウドサービス利用も増加しています。一方でフィッシングメールやランサムウェアなど、ビジネスに損害をもたらすサイバー攻撃の脅威も高まっており、社内ネットワークを経由せずに社外から直接クラウドサービスにアクセスする端末(エンドポイント)のセキュリティ強化が重要になっています。攻撃は日々巧妙化しており、攻撃者の侵入を完全に防ぐことは困難なため、侵入されてしまった後に、エンドポイント側で迅速に検知・対応を行うことができるEDRが注目されています。しかしながら、EDR製品を使いこなし、その効果を最大化するには、高度なセキュリティスキルが必要なため、導入のハードルになることがあります。米国内の日系企業現地法人では専任のIT担当者がいないケースも多いことから、セキュリティスキルが必要なEDR運用を代行するサービスの提供を開始します。

サービス特徴

EDRを活用し高度なセキュリティレベルを確保

本サービスではセキュリティイベントが発生した後の調査、レポーティングだけでなく、対処、脅威ハンティング、脆弱性のチェックなど必要なセキュリティ運用をオールインワンで提供することで、EDR製品の導入効果を最大化します。お客様側ではエンドポイントデバイスに専用ソフトウェア(エージェント)をインストールするだけで、巧妙化するサイバーセキュリティ攻撃に対して適切な対応が可能になり、高度なセキュリティレベルを確保できます。

小規模な拠点でも導入可能

契約最小台数は3端末からで、小規模拠点での導入や部分導入にも対応します。セキュリティ運用はIIJ America主体で行うため、専任のセキュリティエンジニアを配置せずに、EDRを活用したセキュリティ運用を実現できます。

他サービスと連携し、IT環境全体のサポートが可能

IIJ Americaが提供する各種マネージドサービス、LANサポートサービスなどと連携し、お客様のIT環境を俯瞰した対策の提言やチューニングを実現します。IIJ Americaによる一括した運用により、お客様のセキュリティ強化を支援します。

サービスメニュー

本サービスでは、Essential、Standard、Advancedの3つのプランを用意しています。

概要 Essential Standard Advanced
CrowdStrikeのセキュリティ運用に関するお問い合わせ対応、およびお客様の依頼に基づく調査、各種設定変更等の対応
脅威の通知とレスポンス支援、月次レポート提供等の対応 -
検知結果を踏まえたプロアクティブなアドバイス、チューニング、脆弱性確認等の対応 - -
  • (※)カスタマイズした月次レポート提供や定例報告会実施など、別途オプションメニューも用意しています。

サービス価格

月額費用 19ドル~(税抜)/1端末あたり

  • (※)別途初期費用が発生します。

サービスイメージ

IIJA マネージドEDRサービス

IIJ Americaでは、EDRサービスの他、ネットワークセキュリティ、Webセキュリティなど、今後もお客様のIT環境を脅威から守るために最適なソリューションを拡充してまいります。

報道関係お問い合わせ先

IIJグループ 広報

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

サービスお問い合わせ先

IIJ America Inc.

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る