ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2021年
  6. IIJ、「IIJクラウドプロキシサービス」に大規模ユーザ向け品目を追加

プレスリリース2021年

IIJ、「IIJクラウドプロキシサービス」に大規模ユーザ向け品目を追加

最大同時100万セッションのアクセスに対応できるメニューを提供開始

2021年2月17日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、Microsoft 365やGoogle Workspace™など各種クラウドサービスへのトラフィックをクラウド上で自動的に最適な経路に振り分ける「IIJクラウドプロキシサービス(以下、本サービス)」の機能を拡張し、約2万から3万ユーザ、最大同時100万セッションまでのアクセスに対応できる大規模ユーザ向けの品目を新たに追加し、本日より提供開始いたします。

本サービスは、各種クラウドサービス(SaaS)への通信をIIJのクラウド上にある独自開発のプロキシサーバが自動で経路制御することで、お客様のネットワーク設備の負荷を軽減するサービスです。一般的に社内からWebサイトへはファイアウォールやプロキシサーバなどのゲートウェイ機器を経由してアクセスしますが、Microsoft 365やGoogle Workspace™などのSaaSを利用する場合は、通常のWeb閲覧に比べ、プロキシサーバで処理する1ユーザ当たりのセッション数が3倍から4倍程度に増えるため、プロキシサーバの負荷が増大し、通常のWebアクセスにも影響を与えることが懸念されます。
本サービスでは通常のWebアクセスに影響を与えないよう、Microsoft 365やGoogle Workspace™などSaaSを別経路に振り分けることで、既存のインターネット回線やネットワーク機器の負荷を軽減します。

働き方改革やデジタルシフトで企業のクラウド移行が進む中で、特に大規模ユーザを抱える企業のお客様から本サービスへの引き合いを多くいただいております。今回の機能拡張は、部門での利用から全社への拡大を検討されているお客様からのご要望にお応えするもので、2万から3万ユーザ規模の利用にも対応できるよう、同時処理できるセッション数を最大100万セッションまで拡大したメニューを提供いたします。

提供開始日

2021年2月17日

提供価格

個別見積

サービス利用イメージ

サービス利用イメージ

IIJでは今後とも、お客様のデジタルシフトを支援すべく、ネットワーククラウドのサービスラインアップ拡充を進めてまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

IIJ Twitter / Facebook アカウント

Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る