ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. 「IIJセキュアエンドポイントサービス」において中小企業向けの安価な品目「IT資産管理/CE」を提供開始

プレスリリース2020年

端末のセキュリティを確保する「IIJセキュアエンドポイントサービス」において中小企業向けの安価な品目として「IT資産管理/CE」を提供開始

2020年9月28日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)は、PCやサーバなど端末(エンドポイント)のセキュリティ対策として、アンチウイルスおよびIT資産管理の機能をクラウド型で提供する「IIJセキュアエンドポイントサービス」において、管理端末が500台以下の中小企業向けに最適化した廉価版パッケージ「IT資産管理/CE(コンパクトエディション)」を追加し、本日より提供を開始します。内部統制強化のために多くの企業で採用されているIT資産管理の機能をパッケージ化して標準提供することで、お客様はコストを抑えながらエンドポイントのセキュリティ対策を強化できます。

背景

新型コロナウイルス感染症の流行が長期化するなか、日本国内でも感染拡大防止を目的にテレワークの導入が進んでいます。しかし、必要に迫られて緊急的に導入したことから、端末の管理やセキュリティ対策が不十分なまま運用している企業も多く見受けられます。そうしたなかで、業務環境や働き方の変化に伴い、在宅勤務で利用するPCを含めたIT資産の管理徹底や社員の勤務状況に基づく適正な労務管理および人事評価など、内部統制強化を目的としたIT資産管理の重要性が高まっています。一方で、多機能なIT資産管理製品・サービスの導入には手間とコストがかかるという印象も強く、実際の導入時にあたってどの機能が本当に必要なのか判断できないという声も多くありました。そこでIIJセキュアエンドポイントサービスの新たな品目として、内部統制強化に必要なIT資産管理機能をパッケージ化し、低コストで手軽に導入できる「IT資産管理/CE」を提供いたします。

機能と特徴

「IT資産管理/CE」では、MOTEX社のIT資産管理製品「LanScope Cat」の各種機能から、IT資産管理および内部統制強化対策として多くの企業に採用されている機能をパッケージ化して提供するため、お客様は低コストかつ短納期で導入できます。

エージェントがインストールされた端末の情報を自動で収集し、社内ネットワークに接続されたIT資産の把握や、どの端末で誰がいつどのような操作をしたのかなど、社員の業務状況の把握が可能です。また、Webアクセス管理機能(Webサイトの閲覧や書き込み、ファイルのアップロード/ダウンロードの制御)やデバイス制御機能(USBなど各種デバイス接続の制御)により、内部統制を強化することができます。

さらにIIJセキュアエンドポイントサービスで提供している「アンチウイルス:Cylance(※)」と連携することで、マルウェア対策も強化できます。万が一の感染時にも侵入したマルウェアの証跡追跡により迅速な原因調査を行うことができ、境界防御だけでは防ぎきれない脅威への対策が可能です。また、お客様専用ネットワークをIIJバックボーン内に延伸する「IIJプライベートバックボーンサービス」を組み合わせてご利用いただくことで、お客様ネットワーク内に新たにVPN機器を設置することなく、セキュアな閉域網での接続も可能です。

  • (※)アンチウイルス機能として、パターンファイルではなくAI(機械学習)を利用した検知エンジンを搭載するBlackBerry社の「BlackBerry Protect(旧CylancePROTECT)」を提供しています。連携には、別途「アンチウイルス:Cylance」の契約が必要です。

サービスメニュー

基本機能

  • IT資産管理機能(LanScope Cat / パック1000相当)
    • IT資産管理、ソフトウェア資産管理、ファイル配布、ネットワーク検知、操作ログ管理、レポート、ログ検索、ファイル追跡、サマリー、 アラーム管理、デバイス制御、Webアクセス管理
  • トンネル接続 もしくは ダイレクト接続機能
  • IIJ独自ポータル
  • BlackBerry Protectとの連携機能

オプション機能

  • リモートコントロール
  • マルウェア検体解析
  • クライアントWebフィルタリング
  • 導入支援、教育支援

参考価格

契約アカウント数 50アカウントの場合:月額費用41,000円(税抜)~

サービスイメージ

サービスイメージ

IIJは今後も、「安全をあたりまえに」をコンセプトとするセキュリティ事業ブランド「wizSafe(ウィズセーフ)」のもと、お客様がインターネットを安全に利用できる社会の実現を目指してまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

IIJ Twitter / Facebook アカウント

Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る