ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. Windows Virtual Desktopのフルマネージドサービスを提供開始

IIJ、Windows Virtual Desktopのフルマネージドサービス「IIJ仮想デスクトップサービス/Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop」を提供開始

仮想デスクトップのラインナップにWindows Virtual Desktopを追加し、ライセンス調達から構築・運用までワンストップで提供

2020年9月3日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、マイクロソフトのWindows Virtual Desktopをフルマネージドのクラウドサービスとして提供する「IIJ仮想デスクトップサービス/Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop」を本日より販売開始いたします。利便性の高い管理機能をもつ「Citrix Cloud」と組み合わせて提供することで、お客様は手軽に、かつ安全にWindows Virtual Desktopをご利用いただけます。コストを抑えつつ仮想デスクトップ環境を導入したい数百~数千ユーザ規模の企業のお客様に最適なサービスです。

Windows Virtual Desktopは、マイクロソフトがMicrosoft Azure(以下Azure)上で提供する仮想デスクトップサービスで、テレワークの広がりを背景にDaaS(Desktop as a Service)の新しい選択肢として注目を集めています。Windows Virtual DesktopではAzure上に構成された仮想マシンのリソースを容易に拡張できるクラウドの特性を活かし、ユーザの増減にも柔軟に対応できます。また、Windows10のマルチセッション接続機能により、1台の仮想マシンを複数ユーザで共有できるため、集約率が向上し仮想マシンの数を減らすことでコストを最適化できます。さらにMicrosoft 365をご利用で、すでに対応するライセンスをお持ちの場合は追加ライセンスを購入する必要がなく、低コストで仮想デスクトップを利用いただけます。

Windows Virtual Desktopは、仮想マシンへのアクセスを制御する「コントロールプレーン」と呼ばれる管理機能と、サーバやストレージなどの「仮想デスクトップ実行環境」から構成されます。コントロールプレーンは、マイクロソフトからマネージドサービスとして提供される一方、実行環境はお客様自身でAzure上に用意する必要があり、構築や運用の負荷が導入のハードルになっていました。そこでIIJでは、利便性および運用面でエンタープライズ用途に最適な「Citrix Cloud」をコントロールプレーンに採用し、Azure上の実行環境の構築とあわせてフルマネージドで提供いたします。

本サービスの主な特徴

フルマネージドで提供するため手軽に利用可能

Windows Virtual Desktopを利用するためのライセンス調達から構築・運用・サポートまでをワンストップで提供するため、仮想デスクトップをはじめてご利用いただくお客様でも手軽に導入できます。フルマネージドのクラウドサービスのため、お客様はアセットレスで運用の負荷とコストをかけずに、安全にご利用いただけます。さらに、接続回線や高品質なVPNサービス「IIJフレックスモビリティサービス」など、各種IIJサービスと組み合わせることで、より快適なテレワーク環境をワンストップで実現できます。

Citrix Cloudにより、Windows Virtual Desktopの利便性を高める管理機能を提供

Windows Virtual DesktopのコントロールプレーンとしてCitrix Cloudを提供することで、Windows Virtual Desktopの利便性をさらに向上させます。Windows 10のアップデート効率化をはじめ、仮想デスクトップに最適化された通信プロトコルの採用によるスムーズな画面転送、クライアント端末からコントロールプレーンへの閉域接続が可能など、より安全で安定した接続環境のもと、Windows Virtual Desktopがご利用いただけます。

なお、IIJでは、長期化する在宅勤務や働き方改革の推進に向けて、本サービスを含めた複数のIIJサービスを組み合わせてワンストップで提供し、安全で快適なリモートワーク環境を実現するテレワーク向けパッケージを今後展開してまいります。

参考価格

300ユーザでご利用、仮想マシン稼働時間が月180時間、同時接続数7割とした場合

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:1,500,000円(5,000円/ユーザあたり)
  • (※)仮想マシンを利用した分だけ費用が発生する従量課金のため、費用は変動します。
  • (※)別途Windows Virtual Desktop対応ライセンス、およびAzure ExpressRoute接続料金が必要です。

サービスイメージ図

サービスイメージ図

IIJでは今後とも、付加価値の高いクラウドサービスの提供を通じて、お客様のビジネスをサポートしてまいります。

日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

このたびインターネットイニシアティブ(IIJ)のフルマネージドのクラウドサービスの提供開始を心より歓迎いたします。今回ご提供いただくサービスにより、IIJのこれまでの豊富なクラウドインテグレーション・運用実績とマイクロソフトテクノロジーが融合し、クラウドサービスとして提供される仮想デスクトップがより身近に、手軽に活用いただけることが可能となると期待しております。日本マイクロソフトは今後もIIJと連携し、お客様の働き方改革、ならびにデジタルトランスフォーメーションを推進し、お客様の企業競争力向上を支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 副事業本部長
業務執行役員 サービスパートナービジネス統括本部長 近藤 禎夫

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社からのエンドースメント

この度、IIJが発表された「IIJ仮想デスクトップサービス/Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop」の提供開始を心より歓迎いたします。IIJは、これまでも「Citrix Virtual Apps and Desktops(旧称:XenAppおよびXenDesktop)」を採用したIIJ仮想デスクトップサービスを金融・自治体を含む幅広い業種のお客様に提供いただいており、シトリックス製品や仮想デスクトップ環境の構築・運用管理について豊富な実績をお持ちです。IIJの仮想デスクトップサービスにCitrix CloudとWindows Virtual Desktopを組み合わせたDaaSをフルマネージドサービスとしてご活用いただくことで、お客様にとってのユーザーエクスペリエンスが最適化されたワークスペース環境の構築が可能となり、ビジネスが加速するものと期待しております。今後ともIIJと弊社の強いパートナーシップを生かし、日本のお客様に最適なデジタルワークプレースの迅速な実現を支援してまいります。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
パートナー営業本部 本部長 本田匡史

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る