ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. テレワーク環境のセキュリティリスクを可視化する「IIJテレワーク環境セキュリティアセスメントプログラム」を提供開始

IIJ、テレワーク環境のセキュリティリスクを可視化する「IIJテレワーク環境セキュリティアセスメントプログラム」を提供開始

2020年8月27日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、企業が構築したテレワーク環境のセキュリティ対策状況を診断し、セキュリティリスクの把握、可視化を実現する「IIJテレワーク環境セキュリティアセスメントプログラム」の提供を、本日より開始いたします。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、政府から企業に対してテレワーク実施が推奨されるなかで、多くの企業において、短期間でのテレワーク環境の構築、増強が行われました。緊急対応として、まずは“使えるようにすること”を主眼に置いて突貫的に作られたシステムでは、おのずとセキュリティ対策が二の次になっているケースが多く見受けられます。長引くコロナ禍でテレワークの長期化も見込まれるなか、テレワーク環境のセキュリティ対策、情報漏えい対策は、企業にとっては喫緊の課題となっています。

IIJでは20年以上にわたってリモートアクセスサービスを提供し、さらにセキュリティオペレーションセンター(SOC)でのリモートアクセスシステムの脆弱性分析や攻撃動向の監視等を通じて、多角的な視点でのサービス開発、セキュリティ対策に取り組んでまいりました。
本ソリューションでは、こうしたサービス運用実績とセキュリティ対策の知見をもとに開発したIIJ独自のアセスメントシートを利用し、お客様のテレワーク環境に対してリスクアセスメントを行います。テレワークを実施する社員の通信環境や使用PCなど、クライアント環境についてアセスメントを実施し、例えば脆弱性のあるWi-Fiルータや家族が使っているPCからのウイルス感染など、多岐にわたるセキュリティ脅威の洗い出しを行います。お客様は、テレワーク環境の現状を正確に把握することで、セキュリティリスクを可視化し、迅速かつ安価に対策を立案することができます。 また、テレワークシステムの見直しやセキュリティポリシーの策定など、アセスメントの結果を受けた今後の対策までをIIJ側で支援することも可能です。

尚、本ソリューションは、キックオフミーティングから評価、結果報告会まで、すべてオンラインにて提供いたします。

IIJテレワーク環境セキュリティアセスメントプログラム概要

評価方法 IIJ独自作成のアセスメントシートによるアンケート形式
実施方法 オンライン
調査対象 テレワーク対象社員のクライアント環境(通信環境および使用PCなど)
成果物 テレワーク環境アセスメント調査結果報告書
価格 200,000円(税抜)/1テレワークシステムあたり
アセスメント期間 キックオフから結果報告会までおよそ1ヵ月
(申し込み多数の場合は伸びる可能性があります)

アセスメント結果レポート

結果レポートは、“セキュリティ脅威別(情報漏えい、不正アクセス、マルウェア感染)”、“対策別(PC設定、ネットワーク設定、紙管理)”に、各項目の達成度を表し、それをもとに推奨対策を示します。

アセスメント結果レポート

分析結果レポート 参考イメージ

IIJでは今後とも、付加価値の高いセキュリティサービスの提供を通じて、お客様のビジネスをサポートしてまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る