ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. 一般社団法人日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会においてIIJセキュリティ本部長が理事に就任

プレスリリース2020年

一般社団法人日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会においてIIJセキュリティ本部長が理事に就任

2020年5月12日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、4月に発足した一般社団法人日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(NCA、以下日本シーサート協議会)において、IIJが同協議会幹事会員となり、あわせて当社セキュリティ本部長 齋藤衛(さいとう まもる)が同協議会理事に就任したことをお知らせいたします。

日本シーサート協議会は、2007年に企業や団体が組織内に設置するコンピュータセキュリティの専門チーム「CSIRT(シーサート)」(※)6団体が集まり、相互に情報連携するための任意団体として発足しました。本年4月1日から一層のサイバーセキュリティ対策の普及を推進するため、一般社団法人として活動を開始しています。

IIJでは、2001年にIIJグループにおけるインシデント対応チーム「IIJ-SECT(IIJ group Security Coordination Team)」を立ち上げ、インターネット上で発生するインシデントの早期発見や解析、脆弱性情報の収集等を行ってきました。同チームでは発足当初より国内外の関連組織との連携の重要性を認識し、2002年にはCSIRTの国際団体であるFIRST(Forum of Incident Response and Security Teamsに日本企業として初めて加盟し、国際間連携を深めてきました。日本シーサート協議会には、2007年設立時より参画し、齋藤衛が2016年まで運営委員を務めていました。今般、新しい体制のもと、幹事会員として、健全な情報化社会の発展により一層寄与すべく尽力してまいります。

IIJでは今後とも、国内外における関係団体の活動やコミュニティ形成の活動を推進するとともに、安心・安全なインターネット社会の構築に取り組んでまいります。

  • (※)CSIRT(Computer Security Incident Response Team):組織へのサイバー攻撃を検知し、セキュリティインシデント(情報セキュリティ上の脅威となる事象)に対応する専門チームです。

IIJ-SECTについて

インターネット上のインシデントの発見、解析、各関連組織との連携を行っているIIJグループのインシデント対応チームです。セキュリティ事件や脆弱性に関する情報「Security Diary」を発信しています。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る