ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. IIJ、SaaSへのWebトラフィックを振り分ける「IIJクラウドプロキシサービス」で「G Suite™」の宛先URLの自動更新機能を提供開始

プレスリリース2020年

IIJ、SaaSへのWebトラフィックを振り分ける「IIJクラウドプロキシサービス」で「G Suite™」の宛先URLの自動更新機能を提供開始

Googleのグループウェア「G Suite™」のライセンス販売も開始

2020年3月10日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、各種クラウドサービスへのトラフィックをクラウド上で自動的に経路制御できる「IIJクラウドプロキシサービス」の機能を拡充し、宛先リストテンプレートにGoogleのグループウェア「G Suite™(※)」を追加いたします。また、クラウドサービスの販売ラインアップにG Suiteを追加し、「IIJクラウドサブスクリプションライセンス/G Suite」として本日よりライセンス販売を開始いたします。

  • (※)G Suite:Gmailのビジネス用メール、Googleドキュメントの文書作成、Googleドライブのクラウドストレージなど、さまざまな機能が利用できるグループウェアサービスです。

IIJクラウドプロキシサービスは、Office 365などの各種クラウドサービス(SaaS)を利用する際に大量に発生するトラフィックを、IIJのクラウド上にある独自開発のプロキシサーバが、自動で最適な経路に振り分けるサービスです。本サービスでは、通信経路の振り分けルールを簡単に設定できるWeb管理画面や、特定のSaaSの宛先URLをテンプレートとして提供します。このたびの機能拡充により、これまでのOffice 365に加えて、G Suiteの最新アドレス情報(FQDN)も自動的に取得し、宛先リストテンプレートとして提供されます。G Suiteをご利用のお客様は、セッション数やトラフィックの増加によって生じるネットワーク機器の負荷分散を、アドレス情報の変更にともなう運用管理の手間なしで実現できます。

IIJクラウドプロキシサービス (G Suiteの宛先リストテンプレート追加)

提供開始日 2020年3月10日
利用料金
  • 初期費用 120,000円~
  • 月額費用 163,000円~

サービスイメージ

IIJクラウドプロキシサービス イメージ図

IIJクラウドサブスクリプションライセンス/G Suite

提供開始日 2020年3月10日
利用料金 個別見積もり

IIJでは今後も、お客様のビジネスに合わせたマルチクラウドの利活用を支援してまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る