ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. IIJ、ビーサイズの子ども用AIみまもりロボット「GPS BoT」にSoftSIMを提供

プレスリリース2020年

IIJ、ビーサイズの子ども用AIみまもりロボット「GPS BoT」にSoftSIMを提供

物理SIMをなくして通信基板を極小化、デバイスの小型化とバッテリー容量の増強を実現

2020年3月2日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、フルMVNOサービス(※1)で提供している「SoftSIM」が、このほど、ビーサイズ株式会社(以下、ビーサイズ)の子ども用AIみまもりロボット「GPS BoT」(3月2日より販売)に採用されたことをお知らせいたします。SoftSIMは通信モジュールの特定領域に通信用プロファイル(※2)を書き込むことにより物理的なSIMと同じようにモバイルネットワークへの接続を可能とするもので、一般消費者向けの製品として販売されるのは日本では初めてです。

ビーサイズは、全地球測位システム(GPS)に対応し、携帯電話回線に自動接続する通信機能をもった約5センチ四方の小型デバイス(GPS BoT)を使って、子どもの位置情報を把握できる見守りサービスを提供しています。例えば、子どものランドセルにデバイスを入れておくと、親はそこから発信される位置情報をスマートフォンの専用アプリを使って確認し、子どもの居場所や行動履歴を把握することができます。そのほか、日常の行動を人工知能(AI)が自動学習することで、普段の行動範囲を離れた場合に、スマートフォンに通知する機能を提供します。

ビーサイズでは、商品ラインアップのさらなる改良を進めており、新たにセルラー版LPWA(Low Power Wide Area)であるCat.M1回線(※3)に対応した製品を開発するにあたり、デバイスの小型化とバッテリーをより長持ちさせる省エネ設計を目指し、通信機能部分にIIJのSoftSIMを内蔵したQuectel Wireless Solutions社のCat.M1対応通信モジュールを採用しました。物理的なSIMを利用しないSoftSIMを採用したことにより、デバイス内部にスペースが生まれてバッテリーの大容量化が実現でき、あわせてデバイスの小型化を可能にしました。これによりバッテリーの持ち時間が従来の約1週間から最長約1ヵ月と向上し、利用者の利便性が大幅に向上します。さらに、IIJの回線管理システムと連携させることで、エンドユーザのお客様がGPS BoTを利用開始するタイミングで回線を開通することができ、在庫期間の回線コストを抑制できます。

  • (※)SoftSIMの特徴については、別紙 [440KB]PDFをご覧ください。
  • (※1)フルMVNO:移動体通信事業者(MNO)から基地局などの無線アクセス設備の提供を受けて運営する仮想移動体通信事業者(MVNO)の中で、MNOのコアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自社で保有・運用する事業者。
  • (※2)通信用プロファイル:通信サービスの利用に必要な電話番号や契約内容などの加入者情報。
  • (※3)Cat.M1:IoT/M2Mに適した低消費電力かつ長距離通信を特徴とする無線通信技術(LPWA:Low Power, Wide Area)における無線通信規格の一つ。

イメージ図

GPS BoTイメージ図

GPS BoT 製品仕様

サイズ/重さ 50mm(幅)×50mm(高さ)×18mm(厚さ)/46g
通信方式 LTE-M(Cat. M1 900MHz/2.1GHz)
バッテリー容量 1400mAh
バッテリーライフ
  • 頻度優先モード(1~2分に一回の更新) 1~2週間
  • バッテリー優先モード(3分に一回の更新) 2週間~1ヶ月
通信可能エリア ドコモLTEエリア
耐久性 IP55 生活防水 防塵 耐衝撃
充電端子 USB-C

通信基板を極小化し、ひいてはIoT製品の小型化に寄与する最適なSIM機能として、IIJはSoftSIMを提供し、今後もサービス開発や機能拡充に努めてまいります。

エンドースメント

IIJと連携しSoftSIM開発に携わることができ、非常に嬉しく思っています。これは、Quectel社にとってBG77 LPWAモジュールのIoTソリューションリリースとしては最初の取引となります。BG77 LPWAモジュールの最新のモバイルパフォーマンスや、省エネ機能でビーサイズやIIJをサポートできたことは光栄です。
SoftSIMは、そのネットワーキング機能、高いコスト効率、装置の小型化の実現で、消費者市場におけるニーズに最もフィットする技術として認識されています。世界的なIoTモジュールサプライヤーとして、Quectel社はこれからも日本の顧客に万全のサポートを提供し、日本での市場シェアを拡大していきたいと思っております。

David Wei, Product Director
Quectel Wireless Solutions Co., Ltd.

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る