ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. IIJとソニービズネットワークスがクラウドビジネス拡大に向けて業務提携

プレスリリース2020年

IIJとソニービズネットワークスがクラウドビジネス拡大に向けて業務提携

AWSおよびMicrosoft Azureサービスの拡販で協業し、マルチクラウド市場での競争力を強化

2020年2月19日
株式会社インターネットイニシアティブ
ソニービズネットワークス株式会社

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)とソニービズネットワークス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺 潤、以下 ソニービズ)は、本日クラウド分野において業務提携することといたしました。本提携にもとづき両社は、それぞれが持つサービスやソリューションを相互に提供し再販することで、企業におけるマルチクラウド需要の増加に応えてまいります。

具体的な提携内容は、以下のとおりです。

業務提携の内容

ソニービズがAWS運用自動化ツール「マネージドクラウドポータル」をIIJに提供

マネージドクラウドポータルは、ソニービズが提供する「マネージドクラウド with AWS(※1)」のサービスの一部で、ソニービズが独自に開発したAWSの運用自動化ツールであり、AWSリソースの構成管理やスケジューリング自動化機能、運用監視機能などを備え、AWSの利便性を高めることができます。ソニービズがIIJにマネージドクラウドポータルを提供することで、IIJが販売するAWSにおいてもこのマネージドクラウドポータルを利用することが可能となり、IIJのAWSビジネスの拡大を促進します。

IIJ がMicrosoft Azureのライセンスおよびサポートをソニービズに提供

IIJはMicrosoft Azureのインダイレクトプロバイダーであり、IIJが間接リセラーとしてライセンスと技術サポートをソニービズへ提供することで、ソニービズはMicrosoft Azureのライセンス販売が可能となり、ソニービズのAzureビジネスの拡大を促進します。さらに、Office 365をはじめ各種Microsoftクラウドサービスへのダイレクト接続を可能にする「IIJ クラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure Peering Service」など各種ネットワークサービスも今後提供する予定です。

ソニービズが「IIJ Omnibusサービス(※2)」のアクセス回線として「NUROアクセス」をIIJに提供

IIJが提供するSDN-WANサービス「IIJ Omnibusサービス」へのアクセス回線として、ソニービズのインターネット接続サービス「NUROアクセス」を新たに追加します。NUROアクセスは国際規格G-PONを採用した、通信速度下り最大2Gbps(※3)の広帯域と、帯域の公平制御機能によって最低通信速度を確保した高品質なインターネット接続サービスです。IIJのお客様は、対応キャリアの選択肢が増えることで、マルチキャリアによる冗長構成が可能となり耐障害性を高めることができます。

  • (※1)マネージドクラウド with AWS:AWSの機能や利便性はそのままに、簡単にAWSの導入・運用が開始できるパッケージサービスです。“見える化”“自動化”“セキュリティ強化”を軸に独自開発した運用自動化ツール「マネージドクラウドポータル」が標準で利用できます。詳細は以下サイトをご覧ください。
    https://www.bit-drive.ne.jp/managed-cloud/
  • (※2) IIJ Omnibusサービス:FirewallやWebサーバ、メールサーバなど、社内ネットワークにある機能をクラウドで提供するネットワークの仮想化サービスです。詳細は以下サイトをご覧ください。
    https://www.iij.ad.jp/biz/omnibus/
  • (※3)通信速度はNURO Bizネットワークからお客様オフィス内に設置する回線終端装置へ提供する最大速度です。 インターネットご利用時の実効速度は、お客様のご利用環境や回線の混雑状況などにより変化します。

業務提携の背景

IIJは、AWS、Microsoft Azureともに、お客様サイトとの閉域接続サービスを提供し、マルチクラウド利用のニーズに応えてきました。特にMicrosoft Azureの認定パートナーとして150社以上の導入実績をもち、オンプレミスと複数のクラウドをシームレスに連携させたシステムを構築したいというお客様ニーズに合わせて最適なマルチクラウド環境を提供しています。一方、ソニービズは、2015年にAWSの取り扱いを開始して以降、中小企業のお客様を中心にAWSを提供し、マネージドクラウドポータルを400社以上に提供するなど、AWSビジネスを拡大してきました。
この両社の強みを相互に補完することで、マルチクラウド市場において一層の競争力強化を目指し、今回の提携に至りました。

今後の展望

本提携を機に、両社は今後、IIJのバックボーン上にお客様専用のプライベートネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」とソニービズのマネージド閉域ネットワーク「NURO閉域アクセス」を相互接続するなど、双方のクラウドサービス並びにネットワークサービスの連携を強化していく予定です。

IIJとソニービズは、このたびの提携によって両社のサービスポートフォリオを一層拡充し、今後もデジタル技術でお客様業務の生産性を向上させる「デジタル・ワークプレイス(※)」を推進してまいります。

  • (※)コンシューマ向けテクノロジーを含むデジタルテクノロジーを最大限に活用し、仕事環境の整備を通じて、従業員の作業効率の向上や企業の生産性等を高めるための企業戦略です。
報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る