ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2020年
  6. IIJ、「IIJ Firewall Management Service」の海外展開を開始

プレスリリース2020年

IIJ、「IIJ Firewall Management Service」の海外展開を開始

現地企業向けに仕様を最適化したファイアウォール運用管理サービスをインドネシアで提供

2020年1月8日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、海外8ヵ国でクラウドサービスやネットワークサービスを提供していますが、今般、新たにセキュリティサービスを海外で本格的に展開いたします。まずは、IIJが日本国内で提供するファイアウォールの運用管理サービス「IIJマネージドファイアウォールサービス」を、日系企業および現地企業向けに仕様を最適化し、本日より販売します。インドネシアを皮切りにASEAN地域にあるIIJグループの現地法人からサービスを提供する予定です。

背景

日本の海外進出企業数のうち、約7割はアジア地域で事業を展開しています。特にASEAN地域では社会インフラの整備と並行してIT需要が急拡大しており、日系企業および現地企業のお客様から、海外拠点でも日本本社と同等のレベルでセキュリティ運用基準を運用したい、もしくは統一したセキュリティポリシーで運用したいという要望が多くあがっています。さらに、海外拠点のセキュリティ運用管理者にかかるコストの軽減、セキュリティ技術者の獲得、日本と海外で異なるサービスレベルやセキュリティ脅威動向(脅威インテリジェンス)への対処、多言語対応など、配慮すべき課題は多岐にわたります。
IIJではこれらのお客様ニーズにお応えするため、2006年のサービス開始以来、国内で1,000社以上にご利用いただいている「IIJマネージドファイアウォールサービス」を海外向け仕様に変更し、「IIJ Firewall Management Service」として提供開始いたします。

本サービスは、IIJグループ海外現地法人のエンジニアが、日本のIIJセキュリティサービスと同等レベルの品質をもったサービスとして提供するものであり、このためインドネシア現地法人(PT. IIJ Global Solutions Indonesia)のエンジニアに対して、IIJの知見の展開やスキル移管を行ってきました。

サービス概要

IIJの海外現地法人がサービスプロバイダとして、海外のお客様にIIJと同品質のサービスを月額で提供するマネージド型のファイアウォールサービスです。本サービスでは、お客様サイトにあるファイアウォール機器に対して、日本にあるIIJの監視システムから、ハードウェア監視、通信異常の検知(アノマリ検知)を行います。海外現地法人のエンジニアが、障害対応や月次報告書の作成までワンストップでサービス提供し、さらにサービスの導入支援や障害対応(オンサイト作業含む)なども実施いたします。

今後の展開と販売目標

インドネシアを皮切りに、2020年度には、同サービスをシンガポール、タイ、ベトナムのIIJグループ海外現地法人から提供する予定です。さらに中国、米国、ヨーロッパなどASEAN以外の地域への展開と、その他セキュリティサービスのラインアップ拡充も順次進めてまいります。

IIJ Firewall Management Serviceは、今後3年以内にASEAN地域にて、約150社の導入を目指します。

サービス名称 IIJ Firewall Management Service
基本サービス
  • ファイアウォール機器の導入(フォーティネット社FortiGate)
  • 機器の運用監視(24時間/365日)
  • お客様サポート(英語・日本語、その他言語は順次対応予定)
  • オンサイト対応
  • 月次報告書(英語)の作成
オプション
  • 拡張サポートオプション(24時間/365日)
  • ホットスタンバイオプション(機器の冗長構成)
  • マルウェア対策オプション
  • VPN オプション
  • (※)本サービスでは今後、順次機能を拡張していく予定です。
提供開始日 2020年1月8日
提供国
  • インドネシア(2020年1月8日)
  • シンガポール、タイ、ベトナム (2020年度よりサービス開始予定)
提供価格
  • 初期費用: IDR6,250,000~
  • 月額費用: IDR6,250,000~
  • (※)機器及び保守の調達費用は含まれません。
  • (※)IIJのインドネシア現地法人(PT. IIJ Global Solutions Indonesia)がインドネシア国内で提供する販売価格です。提供先地域・国ごとに販売価格は異なります。
参考:IDR(インドネシア・ルピア)100=JPY0.90 (2020年1月6日付TTS)

IIJでは今後も、インターネットを安心安全に利用いただけるよう、お客様にとって付加価値の高いサービスの提供に努めてまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。

IIJ Twitter / Facebook アカウント

Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る