ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2019年
  6. IIJ、クラウド型ADサービス「IIJディレクトリサービス for Microsoft」にWSUSをアウトソースできる「WSUSオプション」を追加

プレスリリース2019年

IIJ、クラウド型ADサービス「IIJディレクトリサービス for Microsoft」にWSUSをアウトソースできる「WSUSオプション」を追加

2019年9月25日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、Active Directory(AD)機能をクラウド型で提供する「IIJディレクトリサービス for Microsoft」において、Windows Server Update Services(以下WSUS)機能をアウトソースできる「WSUSオプション」を追加し、2019年10月1日より提供開始いたします。

IIJディレクトリサービス for Microsoftは、AD機能をクラウドサービスとして提供するもので、ADサーバの運用負荷と運用コストを大幅に軽減いたします。WSUSとは、ソフトウェアの更新プログラムを自動的にダウンロード・適用するWindows Updateを社内で一括管理できる機能です。お客様はADとWSUSを合わせて導入することで、部門やグループ単位で順次プログラムの配布をするなど配布スケジュールを管理することができ、ネットワークの逼迫を防ぐことが可能になります。
今回、IIJでは、このWSUSサーバの機能をIIJディレクトリサービス for Microsoftのオプションサービスとして提供いたします。クラウドサービスとして利用できるため、お客様はアセットレスで容易にWSUSを導入できます。また、IIJのサービス設備側で更新プログラムの取得を行い、配布の際はネットワーク帯域を制御することで、お客様ネットワークのトラフィックへの影響を軽減いたします。

WSUSオプション利用料金

  • 初期費用:300,000円(税抜)
  • 月額費用:100,000円(税抜)
  • (※)IIJディレクトリサービス for Microsoftの新規お申し込み時、同時に本オプションをお申し込みいただいた場合、オプションの初期費用は発生しません。
  • (※)月額費用は1リージョンあたりの価格です。東西リージョンで冗長利用されるなど、複数リージョンで利用する場合は、リージョン分の費用が発生します。
  • (※)WSUSに関してより詳細なサポートを提供するアドバンスサポートオプション(月額費用 50,000円)も用意しています。

サービスイメージ

IIJディレクトリサービス for Microsoft<br />WSUSオプション

IIJでは今後とも、お客様のニーズに即したサービス開発を推進してまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る