ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2019年
  6. IIJ、独自開発のネットワーク機器「SEIL/X4」および「SA-W2L」を提供開始

プレスリリース2019年

IIJ、独自開発のネットワーク機器「SEIL/X4」および「SA-W2L」を提供開始

2019年3月28日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、独自開発のネットワーク機器として、企業向けルータ「SEIL/X4(ザイル・エックスフォー)」および「SA-W2L(エスエー・ダブルツーエル)」を本日より提供開始いたします。

IIJでは、1998年より企業向け高機能ルータを自社開発・設計していますが、この度発売するSEIL/X4は、多様なネットワーク環境下で活用いただけるよう、お客様のオペレーションニーズにきめ細かに対応したSEILシリーズの最上位モデルとなります。マルチコアCPUを採用し、従来と比べ飛躍的に性能が向上しており、大規模ネットワーク向けVPNセンター装置としてお使いいただけます。

またSA-W2Lは、遠隔で機器情報を一元管理するマネージメントシステム「SACM(※)」専用のサービスアダプタであり、機器をネットワークに接続すると設定情報が自動的に割り当てられるゼロコンフィグレーションが可能です。今般新たにLTEモジュールを内蔵し、フルMVNOとして提供する「IIJモバイルサービス/タイプI」にも対応したため、同サービスの「SIMライフサイクル管理機能」を活用することで、モバイル回線のコストを抑え、柔軟にネットワークを運用することが可能です。株式会社第一興商ではSA-W2Lの採用を検討いただいております。

両機種ともに、クラウド型ネットワークサービス「IIJ Omnibusサービス」に対応する予定です。

  1. (※)SACM (Service Adaptor Control Manager:エスエーシーエム):「SMFv2(日本:特許第4463868号、米国:特許7660266号)」の自動接続、完全管理の仕組みをOEM提供するための、マネージメントサービス基盤。SMFv2は「SEILシリーズ」だけでなく、他社のネットワーク機器に対しても、初期設定から設定変更、運用管理までを一元的に管理できます。

SEIL/X4概要

特徴

  • マルチコアCPUを搭載、VPN利用時の大幅な性能向上を実現
    マルチコアCPUを採用することで飛躍的な性能向上を実現し、大規模なVPNセンター装置として最適なSEILシリーズの最上位モデルです。1台あたりのVPN対向拠点数が最大512拠点と、大規模ネットワークでの利用に適しており、1ユニットサイズに収まる省スペース設計も実現しました。
  • 多彩な機能を備えたエンタープライズ向けハイエンドアクセスルータ
    IPv4/IPv6デュアルスタック、IPv6 IPoE、DS-Lite、ファイアウォール、IPsec等豊富な機能を搭載したルータとして利用可能です。SEILを一元管理するシステムプラットフォーム「SMF」のOEM基盤であるSACMに対応しています。

スペック

処理性能 転送性能 最大2Gbps / VPN性能 最大2Gbps
メモリ RAM 4GB、内蔵ディスク8GB
LAN Gigabit Ethernet×4ポート(L2 Switch)
DMZ Gigabit Ethernet×1ポート
WAN Gigabit Ethernet×1ポート
USB USB2.0 Type A×2ポート
海外認証取得 米国、カナダ、EU

販売価格

定価 238,000円(税別)

商品イメージ

SEIL/X4 商品イメージ

SA-W2L概要

特徴

SA-W2L本体に直接SIMを装着することが可能です。法人向けデータ通信サービス「IIJモバイルサービス」のタイプD(NTTドコモのLTE/3G)、タイプI(フルMVNOサービス)に対応しています。SIMを内蔵できることで、モバイルデータ通信端末の設置スペースの懸念や盗難のリスクが軽減されます。

スペック

処理性能 転送性能 約800Mbps / VPN性能 約200Mbps
メモリ RAM 256MB、Flash ROM 32MB
有線LAN Gigabit Ethernet×4ポート
有線WAN Gigabit Ethernet×1ポート
無線LAN 2.4GHz (802.11b/g/n)、5GHz (802.11a/n/ac)同時利用不可
USB USB2.0 Type A×1ポート

料金体系

SACM専用のサービスアダプタにおいては、VPNや無線LAN等の機能を「レシピ」と呼び、お客様が必要とするレシピをクラウド側からサービスアダプタへ提供します。サービスアダプタ自体は無償で、お客様が利用するレシピに対して月額課金するモデルを採用しています。

商品イメージ

SA-W2L 商品イメージ

IIJでは今後も、長年のネットワーク運用管理で培った知見を生かし、お客様のネットワーク基盤を支えてまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る