ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2018年
  6. IIJ、クラウド型ID管理・認証サービス「IIJ IDサービス」に「デバイス証明書認証」を追加

IIJ、クラウド型ID管理・認証サービス「IIJ IDサービス」に「デバイス証明書認証」を追加

多要素認証のメニューを拡充し、デバイス証明書認証による端末単位のアクセス制御を実現

2018年8月27日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、クラウド型のID管理・認証サービス「IIJ IDサービス」の多要素認証オプションに「デバイス証明書認証」を追加し、本日より提供開始いたします。

IIJ IDサービスは、1つのIDで複数のWebサービスやクラウドサービスへログインできる仕組みを提供するクラウド型のID管理サービスです。ユーザはサービスごとにIDとパスワードを管理する手間がなくなり、ID管理者は統一された適切なパスワードポリシーをユーザに適用できます。
このたび提供するデバイス証明書認証は、多要素認証によりセキュリティを強化するオプションの一つです。PCやスマートフォンなどにデバイス証明書をインストールすることで、端末単位でのアクセス制御を実現します。例えば、会社が貸し出している端末だけ、自社で利用している「Microsoft Office 365」へアクセスさせたい、自宅の個人所有PCからのアクセスを防止したい等のニーズにお応えします。

デバイス証明書認証 概要

ID管理者は、自社のセキュリティポリシーに沿って、端末ごとに証明書発行の有無を設定することができます。IIJ IDサービスが認証局となりデバイス証明書を発行するほか、お客様は外部認証局が発行する証明書を利用することも可能です。IIJ IDサービスで発行するデバイス証明書を利用する場合は、ログイン時に発行画面から強制的にダウンロードさせることができます。
なお、IDの管理ポータルでは、アクセス端末の認証ログに加え、ブラウザ情報を取得することができるようになったため、不正アカウントの把握に有用です。

サービス概要図

IIJ IDサービス サービス概要図

料金

メニュー 内容 初期費用 月額費用
基本機能
  • IDの管理
    (Active DirectoryやAzure ADからの自動連携機能を含む)
  • アクセス制限機能
  • カスタムパスワードポリシー
  • 監査機能(認証履歴の管理) 等
0円 0円/1ID
オプション 外部サービス連携オプション
  • SAML2.0/OpenID Connect1.0に準拠するサービスへのシングルサインオン
  • 外部IDP認証
  • Azure AD/SCIMサーバへのID連携 等
0円 100円/1ID
多要素認証オプション
  • スマートフォンアプリ「IIJ SmartKey」を用いたSmartKey認証
  • メールOTP認証 (*)
  • デバイス証明書認証(新規)
0円 100円/1ID
  • (※)表示価格はすべて税抜きです。
  • (*)メールによるワンタイムパスワード(OTP)を用いた認証を2018年4月23日より提供しています。

IIJでは今後も、よりセキュアで利便性の高いIDサービスの機能拡充に努めてまいります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

プレスリリースのメール配信(報道関係者向け)について

プレスリリース公開時にメール配信を行っています。ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

取材のお申し込みについて

取材のお申し込み/お問い合わせは、広報部にお電話またはメールでご連絡いただくか、以下のフォームよりお申し込みください。

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る