ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信・CSR
  4. プレスリリース
  5. 2018年
  6. IIJ、フルMVNOとしてeSIM搭載端末の動作検証を開始

プレスリリース2018年

IIJ、フルMVNOとしてeSIM搭載端末の動作検証を開始

自社の加入者管理機能を使ったeSIMプラットフォームの検証環境を構築し、第一弾としてマイクロソフト製「Surface Pro LTE Advanced」で動作検証を完了

2018年7月12日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774東証第一部)は、組み込み型SIM(eSIM)に対応した端末の普及を進めるため、フルMVNO(※1)として提供しているモバイルデータ通信サービスとeSIM搭載端末の動作検証を開始いたしました。

IIJでは2018年3月より、フルMVNOとして法人向けに「IIJモバイルサービス/タイプI」を提供していますが、自社の加入者管理機能(HLR/HSS)を使って、通信サービスの利用に必要な加入者情報(プロファイル)を遠隔でSIMカードにダウンロードできるeSIMプラットフォームの検証環境を新たに構築しました。本検証環境は、国際的な移動体通信事業者の業界団体であるGSMA(※2)の標準規格Remote SIM Provisioning(RSP) Phase 2に準拠しています。

第一弾として、マイクロソフト製のeSIM内蔵PC「Surface Pro LTE Advanced」で動作検証を行い、弊社SIMカード相当のプロファイルをダウンロードしたのち、アクティベートしてデータ通信が可能となることを確認しました。なお、eSIMプラットフォームの正式なサービス化は、2019年春を予定しています。(当該サービスの対応機種には、本動作検証端末も含まれる見込みです。)

IIJは今後も、国内外問わず各社のeSIM搭載端末と自社のフルMVNOサービスの動作検証を積極的に行い、お客様がより快適に通信サービスをご利用いただけるよう、サポート体制を強化してまいります。

  • (※1)フルMVNOは、移動体通信事業者(MNO)から基地局などの無線アクセス設備の提供を受けて運営する仮 想移動体通信事業者(MVNO)の中で、MNOのコアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自社で保有・運用する事業者です。
  • (※2)GSMA(GSM Association)は、GSM方式(2G)の携帯電話システムを採用している移動体通信事業者の団体として1995年に発足し、現在800を超える移動体通信事業者と300を超える端末メーカー、通信機器ベンダーなどが参加している移動体通信事業者の業界団体です。

日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント

日本マイクロソフト株式会社は、IIJによる、eSIM搭載端末の動作検証において、「Surface Pro LTE Advanced」のデータ通信が確認できたことを嬉しく思います。
Surface Proに搭載しているeSIMを最大限に活かせるフレキシブルなサービスを、IIJが2019年春から提供されるということで大いに期待しております。当社では、IIJと連携して、eSIMという新たな切り口で、Surface Pro LTE Advancedを活用したお客様の働き方改革をご支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
Surface ビジネス本部
本部長 小黒 信介

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る