ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信・CSR
  4. プレスリリース
  5. 2017年
  6. 「IntraGuardian2+シリーズ」と「Account@Adapter+」の連携により、認証スイッチ導入不要で低コストな不正端末接続対策を実現

プレスリリース2017年

「IntraGuardian2+シリーズ」と「Account@Adapter+」の連携により、認証スイッチ導入不要で低コストな不正端末接続対策を実現

2017年10月11日
ネットチャート株式会社
エイチ・シー・ネットワークス株式会社

ネットチャート株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役:楠本 和弘、以下ネットチャート)、エイチ・シー・ネットワーク株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:大江 愼一、以下HCNET)は、ネットチャートが総販売元として提供する日本シー・エー・ディー株式会社製「IntraGuardian2+シリーズ」と、HCNET製「Account@Adapter+」との連携機能を開発し、ソフトウェアおよびファームウェアの提供を開始いたしました。

IntraGuardian2+は、ネットワークに接続されている全PCの通信(ARPパケット)を監視することで、社内ネットワークへの接続が許可されていない端末が無許可で社内ネットワークへ接続される"不正接続"を防止する製品です。Account@Adapter+は、Radius認証、アカウント管理、DHCP機能を有する統合アプライアンスで、認証規格「IEEE802.1x」によるネットワーク認証の認証サーバとして広く活用されています。
従来、認証ネットワークを構築するためには、高額な認証スイッチの購入、クライアント側の証明書インストールおよび各種設定変更等が必要になるなど、膨大な手間やコストが課題となっていました。今回、MACアドレスベースの不正端末接続防止装置であるIntraGuardian2+をセンサーとして、Account@Adapter+と連携することで、高額な認証スイッチやネットワーク設定変更を不要とし、アクセス時の認証をはじめ、許可されていない端末の検知、排除、ユーザ管理、接続管理、設定変更まで、セキュアなネットワーク環境の構築が低コストかつ容易に実現できます。

連携の流れ

  1. ネットワークに接続する端末に関して、IntraGuardian2+側でMAC認証を実施します。
  2. IntraGuardian2+側でMACアドレス未登録だった場合、IntraGuardian2+を管理するソフトウェア「IntraGuardian2+Manager Professional」を通じて、Account@Adapter+側へ端末の登録確認を行ないます。
  3. 端末がAccount@Adapter+に接続許可端末として登録されていた場合は、IntraGuardian2+ Manager Professionalを通じてIntraGuardian2+へ登録端末であることが通知され、外部との通信が可能となります。登録されていない場合は不正端末として排除し、ネットワークへの接続はできません。

なお、ネットワークに登録がされていない端末がアクセスしようとすると、自動的にAccount@Adapter+へと誘導され、ユーザツール(Webインタフェース)など同製品の多くの機能を利用することが可能になります。MACアドレスの自動取得や利用者自身によるユーザ・端末申請などができるため、ネットワーク管理者の負担が低く、セキュリティの高いネットワークを構築することが可能となります。

連携イメージ図

連携イメージ図

システム構成

本機能をご利用になるためには、IntraGuardian2+、IntraGuardian2+ManagerProfessional及びAccount@Adapter+が必要となります。

Account@Adapter+について

Account@Adapter+は、エイチ・シー・ネットワークス社製のRADIUSアプライアンスで、RADIUS機能、LDAP機能、CA(認証局)機能、DHCP機能を1台に搭載した統合アプライアンスです。ユーザ自身によるアカウント、端末、証明書の申請機能や、MACアドレス自動登録、未使用アカウントの自動削除、一括アカウント申請&発行機能などを搭載しています。

IntraGuardian2+について

IntraGuardian2+はクライアントPC等がネットワークに接続されたときに送信されたARPパケットを検出し、自身に登録されていないMACアドレスを持つPC等をネットワークへ接続させないように排除パケットを送信します。持込み端末をはじめとした許可されていない機器が社内ネットワークへ接続されることを防止する対策を、低コスト・短期間で実現するもので、日本CADが開発し、ネットチャートが総販売元として提供しています。

ネットチャート株式会社について

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のグループ子会社で、2006年10月に設立されました。神奈川県地区を中心に、機器の導入・設定、ネットワーク導入時の配線工事、アプリケーションのインストール・運用サポートなどの LAN 関連を中心としたネットワーク構築事業を行っています。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社 について

エイチ・シー・ネットワークスは、高品質&信頼ネットワークの提供をビジョンとするネットワークインテグレーション会社です。30年以上のシステム構築実績を生かし、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「ビジュアルコミュニケーション」、「トータルマネジメントサービス」のフィールドで、提案から構築・保守までワンストップでトータルネットワークソリューションを提供しています。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

エイチ・シー・ネットワークス株式会社 営業本部 営業企画グループ

製品に関するお問い合わせ先

ネットチャート株式会社 プロダクト推進部

  • (※)本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ACROBAT READER
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
Adobe Acrobat Readerは左の「Get Adobe Acrobat Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る