ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2016年
  6. タイにおいてクラウドサービス「Leap GIO Cloud」を本格稼働

タイにおいてクラウドサービス「Leap GIO Cloud」を本格稼働

IIJとTCCTの合弁会社「Leap Solutions Asia」が、パブリックとプライベートのクラウドサービスを展開

2016年10月11日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部、IIJ)は、2016年4月5日付プレスリリース「タイにおけるクラウドサービス合弁事業に関するお知らせ」にて発表したとおり、タイの情報通信サービス事業者であるT.C.C. Technology Co., Ltd.(本社:バンコク、以下TCCT)と設立した合弁会社Leap Solutions Asia Co., Ltd.(以下LSA)が、本日よりタイ国内においてクラウドサービス「Leap GIO Cloud(リープ・ジオ・クラウド)」を本格稼働させましたのでお知らせいたします。

Leap GIO Cloudは、IIJが長年培ってきたクラウドの構築・運用技術と、TCCTの有する高品質なネットワークインフラを活用し、タイの現地企業および日系企業向けに開発したクラウドサービスです。オートセルフ型で時間・月単位の自動課金で利用できるパブリッククラウド「Leap GIO Public」と、お客様のシステム要件に合わせたクラウド環境を構築できるプライベートクラウド「Leap GIO Private」を提供いたします。IIJのグループ会社でタイ現地法人であるIIJ Global Solutions (Thailand) Co., Ltd.blank (以下IIJ Global Solutions Thailand)は、販売代理店として本サービスの販売を開始するとともに、日系企業のお客様に対しては、システムの構築から運用管理までさまざまなサポートを行ってまいります。

サービス概要

Leap GIO Public

オンデマンドで必要なときに必要なITリソースを選択し、すぐにご利用いただけるパブリック型のクラウドサービスです。高性能な仮想プライベートサーバやインターネット接続環境を、時間・月単位の課金で提供します。Webサーバやアプリケーションサーバ、システムの開発環境用サーバなどの用途に最適です。

Leap GIO Private

お客様のシステム要件に合わせて柔軟な環境が構築できる月額課金型のプライベートクラウドサービスです。VWwareがプリインストールされたお客様専用のサーバを提供し、その上でOSやアプリケーションを自由に設計・構築できます。サーバだけでなくストレージ、ネットワークなどの必要な機能をあわせて利用することで、オンプレミス環境と同等の柔軟なシステムを構築できます。既存のIT資産をそのまま移行し、基幹業務用のシステム基盤として利用可能なだけでなく、オンプレミスとも容易に連携が可能なプライベートクラウドサービスです。

また、LSAでは独SAP社より、「Hosting services」「Cloud services」「SAP HANA operations services」の3つの認定を取得しています。Leap GIO Cloudの提供にとどまらず、SAP運用に必要なインフラの設計と構築、SAP BASISの運用などをサポートします。

なお、IIJグループではASEAN地域におけるパートナー企業5社とともに、2016年10月12日(水)~10月13日(木)にシンガポールで開催されるCloud Expo Asia 2016へ出展いたします。ブース内では、ASEAN各地で展開しているクラウドサービスに関するプレゼンテーションも開催します。

イベント名 Cloud Expo Asia 2016
開催期間 2016年10月12日(水)~10月13日(木)
会場 Marina Bay Sands Expo and Convention Centre, Singapore
ブース番号 J5

ブース イメージ

Cloud Expo Asia 2016<br />IIJブースースイメージ

タイは国内のネットワーク環境が比較的安定していることから、クラウドサービスの導入に適しており、本サービスの提供に先立ち、LSAおよびIIJ Global Solutions Thailandには、日系企業を含めた多数のお客様からお問い合わせをいただいています。IIJでは今後とも、お客様からの多様なニーズにお応えするため、LSAと共に、クラウドサービスの拡充を図ってまいります。

Leap GIO Cloudサービス基本仕様

Leap GIO Public (パブリッククラウド)

vCPU 1~16vCPU
メモリ 0.5~64GB
OSディスク 50GB
ストレージ 1GB単位でご提供
OS Windows Server(2008 R2, 2012 R2)/Cent OS(6.6/7.1)/Ubuntu(14.04LTS)
インターネット接続 1Gbps(共有)
  • (※) 利用料金 時間単位:THB1.25~、月額料金:THB900~ (1vCPU、メモリ1GB、ディスク50GBの場合)

Leap GIO Private (プライベートクラウド)

VMware vSphere ESXi Server VMware vSphere ESXi6.0 Enterprise Plus Edition
CPUコア数 12
メモリ 192GB
NIC 6
インターネット接続 1Gbps(共有)
データストア 1TB(FC)
1TB(iSCSI)
2TB(FC)
2TB(iSCSI)
VMwareマネジメントツール (vCenter) OS vCenter Server Appliance 6.0
性能指標 (ICU) 2
メモリ 8GB
S/W サーバ
  • VMware vCenter Server Appliance 6.0
  • VMware vSphere Web Client Server
クライアント
  • VMware vSphere Client 6.0
  • VMware vSphere Command-Line Interface 6.0
  • VMware vSphere Power CLI 6.0
DB
  • embedded vPostgres database
ディスク容量 125GB

お詫びと訂正

2016年10月11日の発表時に、「Leap GIO Private」のVMwareマネジメントツールにおけるメモリ量を誤って掲載しておりましたので、10月12日、正しい記載に改めました。
誤)80GB → 正)8GB
お詫びして訂正いたします。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

  • (※) 本プレスリリースに記載されている社名、サービス名などは、各社の商標あるいは登録商標です。
Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る