ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2015年
  6. IIJ、IIJ DNSアウトソースサービスにおいて、Webサイトの可用性を高める「サイトフェイルオーバーオプション」を提供開始

プレスリリース2015年

IIJ、IIJ DNSアウトソースサービスにおいて、Webサイトの可用性を高める「サイトフェイルオーバーオプション」を提供開始

Webサーバへのアクセス先を自動的に振り分け、可用性向上を実現

2015年3月16日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、独自ドメイン名の登録、維持管理に必要なDNS(Domain Name System)サーバの運用を代行する「IIJ DNSアウトソースサービス」の機能を拡張し、Webサーバの稼働状況に応じてアクセス先を自動的に振り分け、Webサイトの安定稼動を実現する「サイトフェイルオーバーオプション」を本日より提供開始します。

DNSとは、ドメイン名とIPアドレスを紐付けるための仕組みで、IIJ DNSアウトソースサービスは、お客様が独自ドメイン名を利用する際に必要となるDNSサーバを、IIJがお客様に代わって運用、管理するサービスです。本オプションをご利用いただくことで、DNSサーバの運用と合わせて、Webサイトの可用性向上を一括で実現します。

本オプションの主な特徴は以下のとおりです。

主な特徴

Webサイトの安定稼働を実現

本オプションでは、お客様のWebサーバを常時監視し、メインサーバがダウンした場合に、メール/電話で通知するとともに、アクセス先をあらかじめ設定された予備サーバへ自動的に振り分けます。障害や突発的なアクセス集中によるサーバダウン時でも、Webサイトの可用性を高めることが可能です。

事業継続(BCP)・災害復旧(ディザスタリカバリ)対策を容易に実現

DNSの機能を利用するため、遠隔地にWebサーバを用意するだけで、お客様は自社でロードバランサなどといった専用設備をもつことなく、簡単にディザスタリカバリを実現できます。監視が可能なネットワーク上であれば、国内に限らず、国外に設置されたバックアップサイトでも対応が可能です。
さらに、IIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービス」を利用してバックアップサイトを構築することで、安価に、またワンストップでの対策も可能になります。

DNSドメイン管理と合わせた一括管理が可能

監視対象のWebサーバのIPアドレス登録やアクセス先振り分け設定、サイトの稼動状況、システムログなどの確認は、すべて専用のWeb画面上から行えます。DNSレコードの登録、更新など、トップレベルドメイン(TLD)を含めて一括で管理が可能なため、運用負荷を抑えることが可能です。

IIJ DNSアウトソースサービス サイトフェイルオーバーオプション イメージ図

IIJ DNSアウトソースサービス サイトフェイルオーバーオプション イメージ図

また、本オプションのリリースにあわせて、2015年3月16日(月)~6月30日(火)まで、「落ちないWebサイト応援キャンペーン」を実施いたします。

キャンペーン概要

実施期間 2015年3月16日(月)~6月30日(火)
対象 IIJ DNSアウトソースサービス サイトフェイルオーバーオプションと、IIJ GIO(ジオ)サービスのうちキャンペーン対象となるサービス・品目を、新規で同時にお申込みいただいたお客様
内容 対象サービスすべての初期費用無料および月額費用最大2か月無料

IIJでは今後も安定したWebサイトの運用に向けて最適なサービスを提供してまいります。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る