ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2014年
  6. IIJ、ドキュメント共有を効率化するソフトウェア「SlicePoint」の機能を拡充

プレスリリース2014年

IIJ、ドキュメント共有を効率化するソフトウェア「SlicePoint」の機能を拡充

バージョンアップで対応ファイル形式を拡充、表示速度を高速化、インストーラを提供

2014年7月22日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、 コード番号:3774 東証第一部)は、ドキュメントを全文検索し、オンラインプレビユーで確認、ダウンロードできるソフトウェア「SlicePoint(スライスポイント)」をバージョンアップし、本日より提供開始いたします。

1. 対応ファイル形式の拡充

SlicePointで検索できるファイルの種類は、2014年2月の発売開始時には2種類でしたが、オフィスで利用される一般的なファイル形式を網羅し、10種類となります。

  対応ファイル形式(拡張子)
Ver1.0
2種類
(2014年2月)
  • Adobe PDF(pdf)
  • PowerPoint 2007以降(pptx)
Ver1.1
10種類
(2014年6月)
  • Adobe PDF(pdf)
  • PowerPoint 2007以降(pptx)、PowerPoint 2003以前(ppt)
  • Excel2007以降(xlsx)、Excel2003以前(xls)
  • Word2007以降(docx)、Word2003以前(doc)
  • テキスト(txt)
  • 写真や画像(png、jpeg)

2. ページ送り/戻しの高速化

これまでドキュメントのオンラインプレビュー時には、ページ送り/戻しの操作ごとに、画像の読み込みが発生していました。このたびの機能拡張で拡大表示時に前後の画像の先読みができるようになったため、ページ送り/戻しの操作がよりスピーディになりました。

3. インストーラによる導入作業の簡易化

これまでSlicePointをインストールするには、手順書に基づいてプログラムを手動で導入する必要がありましたが、インストーラの提供により、導入作業が容易にできるようになりました。

IIJでは今後とも、お客様のビジネス環境の課題を解決する付加価値の高いソフトウェア製品を提供してまいります。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る