ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信
  4. プレスリリース
  5. 2014年
  6. IIJグローバル、産学官連携プロジェクト「COLTEM」に参画し、遠隔診療の実証実験にビデオ会議サービスを提供

プレスリリース2014年

IIJグローバル、産学官連携プロジェクト「COLTEM」に参画し、遠隔診療の実証実験にビデオ会議サービスを提供

「COLLABO de! World」を活用し、高齢者の認知能力を遠隔診断する実証実験を支援

2014年7月9日
株式会社IIJグローバルソリューションズ

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)の100%子会社で法人向けWANサービス事業等を展開する株式会社IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 利典)は、産学官連携のプロジェクト「COLTEM」で行われる「遠隔技術を用いた能力評価の開発」の実証実験チームに参加し、クラウド型ビデオ会議サービス「COLLABO de! World」の提供を通じて本プロジェクトを支援いたします。

COLTEM概要

COLTEMは、文部科学省の公募事業「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」(※)における将来の拠点候補として、ビジョン達成に向けたコンセプトの検証や要素技術の検証を行うCOI-T(トライアル)に採択された事業のひとつです。少子高齢化で激増する高齢者世帯の生活の安寧を、健康時から認知症で判断能力が低下した状態まで途切れなく支える革新的かつ経済的な包括的支援システムを、法学、工学、医学の研究者、実務家、企業および行政が一体となったチームで開発するための検討プロジェクトです。都市部・非都市部に関わらない公平な高齢者向けサービスの充実と雇用の創出、医療費削減、初期認知症対策、介護離職削減を達成し、全国に展開し、アジア各国のロールモデルになることを目指しています。

COLTEMが行う実証実験のひとつである「遠隔技術を用いた能力評価の開発」では、高齢者の感覚障害をサポートする技術開発として、医師が認知能力を遠隔診断するシステムの検証が行われます。遠隔地点をつなぐコミュニケーションシステムの手段として、今回クラウド型ビデオ会議サービス「COLLABO de! World」が用いられることになり、IIJグローバルは、シスコシステムズ社(本社:米国カリフォルニア州)と協力して遠隔診療に必要なビデオ会議端末とインターネットゲートウェイサービスを無償で提供し、2014年7月初旬を目途に順次拠点に設置してまいります。この実証実験は、2015年3月末まで慶応義塾大学病院、京都府立医科大学、志學館大学にて行われ、実験結果をもとに実現化を目指します。

IIJグローバルでは、これまで蓄積してきた知見や技術を活かし、持続可能な社会創出への取り組みを支援してまいります。

  • (※)「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」とは、文部科学省が平成25年度から開始した科学技術イノベーションの推進に向けたシステム改革のひとつです。質の高い持続可能な社会を築き上げていくため、既存分野・組織の垣根を越えてさまざまな研究開発が行われる土壌になることを目指しています。

COLTEM概要図

COLTEM概要図

出所)COTEM「プロジェクトの概要」, http://coltem.com/ (2014.7.8)

COLLABO de! Worldについて

COLLABO de! Worldは、ビデオ会議システムをIIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」の基盤上で提供するクラウド型マネージドビデオ会議サービスで、世界50ヵ国以上で利用することが可能です。ビデオ会議システムの設計から、端末調達、導入、運用、ヘルプデスクまでをワンストップで提供するフルマネージドサービスで、お客様は自社で設備投資することなく最新のビデオ会議システムをサービスとして利用できます。詳細は以下のWebサイトをご参照ください。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-10-2 飯田橋グラン・ブルーム

サービスに関するお問い合わせ先

株式会社IIJグローバルソリューションズ

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る