ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJについて
  3. 情報発信・CSR
  4. プレスリリース
  5. 2013年
  6. IIJグループとB-EN-Gがクラウド分野での協業体制を強化

プレスリリース2013年

IIJグループとB-EN-Gがクラウド分野での協業体制を強化

IIJ GIOクラウド上で提供するB-EN-GのERP製品「A.S.I.A.」の海外市場での拡販に向けてサービスメニューと料金体系を刷新

2013年12月5日
株式会社インターネットイニシアティブ
株式会社IIJグローバルソリューションズ
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

株式会社インターネットイニシアティブ(東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)とIIJの100%子会社である株式会社IIJグローバルソリューションズ(東京都千代田区、代表取締役社長:岩澤 利典、以下IIJグローバル)、及び東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(東京都千代田区、取締役社長:石田 壽典、以下B-EN-G)の3社は、クラウド分野において協業し、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」の新たなラインナップとして、B-EN-Gの海外法人向けERPパッケージ「A.S.I.A.(エイジア)」を活用した「A.S.I.A. GP SaaS on IIJ GIO」を本日より提供開始します。

企業の海外進出の増加に伴い、海外現地法人向け基幹システム構築のニーズが増加しています。その中でも、本社による経営情報の一元管理、海外拠点のITガバナンス確立、現地法人業務の改善と効率性の向上が重要視されてきています。一方で、新規事業の設立や事業規模の拡大、買収、縮小/撤退などへの柔軟な対応、そして、海外IT資産の運用リソース不足などが大きな課題となっています。そのような状況を効率的、かつスピーディに解決できるソリューションとして、基幹システムにおけるSaaS(Software as a Service)やクラウド活用の需要が高まってきています。

上記背景にともない、IIJグループとB-EN-Gによる海外現地法人向けソリューションにおける協業体制を強化するとともに、これまでIIJグローバルが「A.S.I.A.」をクラウド型サービスとして提供していた「G-BASS ERP Lite」を刷新し、「A.S.I.A. GP SaaS on IIJ GIO」として新たに提供します。

「A.S.I.A. GP SaaS on IIJ GIO」では、高いセキュリティレベルで提供されるハイエンドプランに加えて、パブリックな基盤で構築したID課金型のリーズナブルなプランを新たに提供します。また、中国、東南アジア、欧州など海外で展開している「IIJ GIO」の基盤においても、順次サービス設備を構築し、世界各地域の現地法人向けに高品質で安心・安全な基幹業務システムを提供していく予定です。

「A.S.I.A. GP SaaS on IIJ GIO」の特徴

1)サービス内容

会計から販売/購買/在庫管理まで、海外拠点の業務に必要な機能を網羅したERPパッケージ「A.S.I.A.」(多言語・多通貨・多会計基準に対応)を、高品質なクラウドサービス「IIJ GIO」の基盤上に構築し、月額課金のクラウドサービスとして提供します。

2)料金体系

  ID数 初期費用 月額費用(1IDあたり)
ERP版 ~5個 個別見積もり 36,000円/ID
6~10個 31,000円/ID
11個~ 26,000円/ID
会計版 ~5個 個別見積もり 30,000円/ID
6~10個 25,000円/ID
11個~ 20,000円/ID
  • (※)表示価格は税抜きです。

3)販売体制

  • IIJグループとパートナー各社が、国内および海外拠点で販売します。
  • B-EN-Gとパートナーが海外現地法人で販売します。
  • IIJ、IIJグローバル、B-EN-Gの3社は共同で営業とマーケティング活動を行います。

本サービスの販売目標として、3社合わせて、初年度は20社、3年で100社への導入を見込んでいます。今後もお客さまに安心してご利用いただけるIT環境を実現するため、協業体制を強化し、同サービスの販売を推進してまいります。

IIJ GIOサービスについて

IIJ GIO(ジオ)サービスは、IIJグループで2000年より展開してきたリソースオンデマンドサービス「IBPS(Integration & Business Platform Service)」で培った運用技術を活かし、HaaS/IaaSからSaaSまですべてのサービスレイヤをカバーした高品質なクラウドサービスです。システムを構成するITリソースをコンポーネントとして用意し、1,000通り以上の組み合わせでお客様に最適なシステムを安価に構築できます。高いセキュ リティと柔軟なネットワーク構成により、企業内のプライベートクラウド環境からパブリッククラウド環境まで、幅広いシステム基盤を提供します。

A.S.I.A. について

「A.S.I.A.(エイジア)」は、日本企業の商習慣に立脚しながら、グローバルでの経営管理をサポートする日本発のグローバルERPパッケージです。世界各地で稼動する為に必要となる多言語、多通貨、多拠点機能を持ち、会計から販売、購買、在庫といった幅広い業務に対応する多彩な機能モジュールを備えています。カンパニー別やビジネスユニット別などでの業績管理にも対応し、日本本社から海外拠点の状況をリアルタイムに把握できるため、グローバルグループ経営のための強力なインフラとして活用する事が可能です。A.S.I.A.は、1996年のVer.1.0販売開始から、日本をはじめとするアジア各国の様々なお客様に導入され、世界20の国と地域に300社にご利用頂いています。

IIJについて

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、東証第一部 3774)は、1992 年、日本企業として初めての商用インターネットサービスプロバイダとして設立されました。現在では、IIJグループとして 8,500社を超える法人顧客に対して、インターネット接続、アウトソーシングサービス、WANサービス、クラウド等の各種ネットワークサービスから、システム構築、運用管理などのシステムインテグレーションまで、総合的なネットワーク・ソリューションを提供しています。IIJに関する詳細は、http://www.iij.ad.jp/をご覧ください。

IIJグローバルについて

株式会社IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル)は、AT&Tジャパンの国内ネットワークサービス事業を承継し、2010年9月に設立されました。国内ネットワーク・アウトソーシング・サービス関連事業やクラウドを利用した各種マネージドサービスに加え、IIJグループにおける国際事業の担い手として、国際ネットワーク関連サービスを提供しています。IIJグローバルについての情報は、http://www.iijglobal.co.jp/blankをご覧ください。

B-EN-Gについて

東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G、東証第二部 4828)はIT 企画、BPR 実施のビジネスコンサルティング、IT 導入コンサルティングから、システム構築サービス、運用サービスにわたり、ERP を中心に豊富な実績を有するビジネスエンジニアリング企業です。またERP をベースとしたSCM、CRM 導入支援ならびに中国を初めとしたグローバル展開支援での実績を積み重ねています。東洋ビジネスエンジニアリングの詳細は、http://www.to-be.co.jpblankをご覧ください。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 業務管理本部 広報 猪野 肇

  • (※)本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る