1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. WAN・ネットワーク
  4. IIJスマートメーターBルート活用サービス(低圧向け)
  5. 次世代型マネージメントシステム「SACM」

大量のデバイス管理を支えるテクノロジー「SACM」

SACMとは

SACM(Service Adapter Control Manager)はIIJの特許取得技術をもとに開発された、機器の自動接続と一元管理ができる次世代型マネージメントシステムです。

組み込みライブラリ「libarms」が実装され、SACMに対応する機器(サービスアダプタ)は、ネットワークに接続して電源を入れるだけで、自動的にSACMへ接続。自身の設定を取得して動作します。機器への直接的な操作を一掃し、SACMの管理者向けコントロールパネルから管理対象となる大量の機器の設定、監視、管理を一括して行えます。

SACM(Service Adapter Control Manager)イメージ

SACMオフィシャルサイトへ

組み込みライブラリ「libarms」

  • ネットワーク機器をSACM対応させるためのクライアントライブラリ
  • BSDライセンスで提供され、誰でも自由に利用可能
  • Linux、BSD等のOSが動いている機器であれば簡単に組み込むことが可能(サンプルプログラムをrpm package形式にて提供)
  • 開発者向けのSACMトライアル環境を無償で提供(5台まで利用可能)

libarmsオフィシャルサイトへ

libarms

SACM REST API

SACMマニュアルへ

IIJスマートメーターBルート
活用サービス(低圧向け)

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報

スマートメーター Bルートブログ IIJの開発スタッフがBルート関連情報を発信!