ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

連結業績の推移

ストック売上の伸張による収益基盤の拡充

IIJグループでは、インターネット接続サービスを提供してきた多数の法人顧客に対し、アウトソーシングblankサービス、WANblankサービス及びネットワークシステムblank構築後の運用保守をワンストップで提供することにより顧客リレーションを強化し、戦略的に収益基盤となるストック売上blank を伸張させてきました。

 IIJの売上のうち、継続的に役務提供することで恒常的な売上が月次計上される

  1. インターネット接続サービス
  2. アウトソーシングサービス
  3. WANサービス
  4. ネットワークシステムの運用保守

 を「ストック売上」と呼んでおります。

 売上規模は、インターネット接続における契約の広帯域blank化や企業の情報システムアウトソーシング化を背景にサービスの複合的な提供推進が奏功し、継続拡大しております。その内、ストック売上は売上高全体の約8割を占めます。

図: 売り上げ高の推移

更に詳しく知りたい方へ


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る