ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

沿革

年月日 沿革
1992年 12月 (株)インターネットイニシアティブ企画設立 (資本金18百万円)
12月 Internet society に設立メンバー(Founding member)として参加
1993年 5月 (株)インターネットイニシアティブに社名変更
7月 UUCPサービス開始
11月 インターネット接続サービス開始 国内初
1994年 2月 特別第二種電気通信事業者に登録
5月 ダイアルアップIPサービス開始 国内初
11月 ファイアウォールサービス開始 国内初
1995年 1月 (株)アイアイジェイメディアコミュニケーションズ設立(2005年にIIJに吸収合併)
11月 (株)アジア・インターネット・ホールディング設立(2005年にIIJに吸収合併)
1996年 3月 米国におけるISP事業とインターネットバックボーンの構築、運用を行う、IIJ America Inc.blank設立
11月 (株)アイアイジェイテクノロジー設立(2010年にIIJに吸収合併)
12月 個人向けサービス「IIJ4U」開始
1997年 9月 NTTグループなどと共同で、IX(インターネット相互接続点)の運用やデータセンターサービスを提供する、インターネットマルチフィード(株)blank設立
11月 IIJ Americaが米国でISP事業を開始 国内初
1998年 2月 コールセンター業務やネットワーク運用管理に関するアウトソーシングサービスを提供する(株)ネットケア(2014年10月に(株)IIJエンジニアリングblankに社名変更)設立
4月 IPマルチキャスト配信サービス開始 国内初
8月 高機能ルータ「SEIL」の開発、販売を開始
10月 (株)クロスウェイブ コミュニケーションズ設立(2003年12月エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)へ営業譲渡)
1999年 6月 サービス品質保証制度(SLA)を導入 国内初
8月 米国ナスダック市場へ上場(ティッカーシンボル:IIJI)
8月 IPv6の商用実験サービス(トンネリング型)開始 国内初
2000年 2月 アイアイジェイテクノロジーが、ネットビジネス向けアウトソーシングサービス iBPS(現・IIJ GIO)を開始
7月 九州・沖縄サミットの公式インターネット・サプライヤーに指定
9月 IPv6ネイティブサービス開始
2001年 3月 日本オラクル、シスコシステムズと共同でブロードバンド向けコンテンツ配信を推進する組織「CDN JAPAN」を発足
5月 インターネットマルチフィードが、インターネット相互接続(IX)サービス「JPNAPサービス」を開始
9月 個人向けサービス「IIJmio」を開始
11月 IPv6/IPv4デュアルスタックサービスを開始 国内初
2003年 2月 ネットワークサービス・オペレーティングシステム「IIJ SMF(SEIL Management Framework)」を開発 国内初
12月 スパム対策のワーキング・グループ 「MAAWG(Messaging Anti-Abuse Working Group)」創設に参加 国内初
2004年 4月 アイアイジェイメディアコミュニケーションズが、IPv6対応のライブ中継サービスを開始 国内初
10月 アイアイジェイテクノロジーの100%子会社として2004年9月に設立された(株)アイアイジェイフィナンシャルシステムズが、(株)ヤマタネより証券システム部門の営業を譲り受け、事業を開始(2010年にアイアイジェイテクノロジーに吸収合併)
2005年 2月 インターネットマルチフィードが、欧州最大のIX事業者団体「Euro-IX」に参画 国内初
3月 国内での迷惑メール対策ワーキンググループ 「JEAG(Japan Email Anti-Abuse Group)」の創設に、発起人として参画
3月 送信ドメイン認証技術の導入を開始 国内初
10月 IIJグループを一部再編
12月 東京証券取引所マザーズへ上場(証券コード:3774)
2006年 2月 コナミ(株)と共同で、ポータルサイトの運営を行う(株)インターネットレボリューションblank設立
3月 全接続サービスに送信元検証 「Source Address Validation」を導入 国内初
3月 SMFに関する特許を取得(特許第3774433号)
10月 LAN関連を中心としたネットワーク構築事業を行うネットチャート(株)blank設立
12月 東京証券取引所市場第一部へ指定替え
2007年 6月 パナソニック ネットワークサービシズ(株)より(株)ハイホーblankの全株式を取得し完全子会社化
7月 タイヘイコンピュータ(株)(2011年5月に(株)トリニティに社名変更)へ出資し、平田機工(株)と合弁運営を開始
7月 ATM運営事業を行う(株)トラストネットワークスblank設立
10月 SMF-LANに関する特許を取得(特許第4463868号)
2008年 1月 MVNO方式で法人向けデータ通信サービス「IIJモバイル」を開始
6月 インターネット関連の新技術の開発を行う株式会社IIJイノベーションインスティテュートblank設立
2009年 7月 IIJ技術研究所を、IIJイノベーションインスティテュートに移管
7月 中小企業向けサービス「LaIT」を開始
12月 クラウドサービス「IIJ GIO」を開始
2010年 4月 IIJグループを一部再編
9月 AT&Tジャパンの新設子会社の全株式を取得し、WANサービス等を提供する完全子会社(株)IIJグローバルソリューションズblankとして事業を開始
2011年 4月 外気冷却を採用したコンテナ型データセンター「松江データセンターパーク」を開設 国内初
9月 IIJグループの海外事業展開強化の一環として、IIJグローバルがタイに駐在員事務所を開設
2012年 1月 IIJグローバルが中国に現地法人を開設
3月 米国内でクラウドサービスを提供開始
4月 (株)エクスレイヤ・グローバルを子会社化し、(株)IIJエクスレイヤ設立(2014年にIIJに吸収合併)
4月 (株)ACCESSと共同で、次世代クラウド基盤技術の研究開発を行う(株)ストラトスフィア設立
(2015年に合弁を解消。事業譲渡により、ストラトスフィアの事業をIIJとACCESSにて承継)
5月 IIJ技術研究所のランディ・ブッシュがインターネットの殿堂入り
7月 IIJグローバルがタイのバンコクに現地法人を開設
8月 国内ISPとして初めて、JPNAP東京に100GbEで接続開始
9月 「コンテナ型データセンターモジュール」に関する特許権を取得
10月 松江データセンターパークが「グリーンITアワード2012 商務情報政策局長賞」及び「2012年グッドデザイン賞(グッドデザイン・ベスト100)」を受賞
10月 株式を分割(1株を200株に分割)、及び単元株式数を100株に変更[PDF:115KB]PDF
11月 IIJエクスレイヤの香港、シンガポールの拠点を資本強化し、それぞれIIJ Global Solutions Hong Kong および IIJ Global Solutions Singaporeへ社名変更
2013年 1月 中国国内でクラウドサービスの提供を開始
4月 バックボーンネットワークを欧州へ拡張
4月 IIJエクスレイヤの英国及びドイツ現地法人の社名をIIJ Europe Limitedblank、IIJ Deutschland GmbH に変更し、欧州拠点の体制を強化
8月 欧州域内でクラウドサービスの提供を開始
11月 松江データセンターパークを2倍規模に拡張
2014年 2月 シンガポールでクラウドサービスを提供開始
3月 個人向けデータ通信サービスで音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん)を提供開始
3月 (株)ピーシーフェーズ株式会社と共同で、BaaS事業を行う(株)アピアリーズに資本参加
12月 (株)竜巧社ネットウエアの全株式を取得し完全子会社化
2015年 4月 DSD5.6MHzハイレゾ音源によるライブストリーミング公開実験に成功 世界初
5月 インドネシア国内でクラウドサービスを提供開始
9月 新型ネットワークサービス「IIJ Omnibus」を開始
12月 ハイレゾ音源によるライブ・ストリーミングサービス「PrimeSeatblank」を提供開始 世界初
2016年 1月 MVNO事業におけるモバイルサービスの総回線数が100万回線を突破
1月 「ラオス 省エネデータセンタープロジェクト」二国間クレジット制度を活用した実証事業を実施
4月 タイの情報通信会社TCC Technologyと合弁会社を設立
4月 ベルリン・フィル・メディアと「ストリーミングパートナー」契約を締結

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る