ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  • セキュリティ

ico

クラウド型のID連携(IDフェデレーション)サービス

IIJ IDサービス

IIJ IDサービスは、様々なサービスのIDを連携させ、SSO(シングルサインオン)を可能にするクラウド型のID管理サービス(IDaaS)です。
ユーザに覚えてもらうのは、IIJ IDサービスの1つのIDだけ。安全で便利なログイン環境を実現します。

※ IDaaS: IDentity as a Service

お知らせ
【プレスリリース 2017/3/27】
IIJ、サービスのID管理を一元化する「IIJ IDサービス」の機能を拡充
IIJ IDサービスに対応するサービスのラインアップを拡大します。また、ユーザ認証のセキュリティ強化を目的として、不正ログイン防止に有効な多要素認証機能を追加し、提供開始します。

サービスイメージ

IIJ IDサービスを導入すると

導入前と導入後の比較図。導入前:SaaSごとにID・パスワード・セキュリティレベルが異なるため負荷がかかる。導入後:ID・パスワード・セキュリティレベルが1つにまとまるため負荷が軽減される。

IIJ IDサービスの特長

  • 連携先サービスに高度な認証セキュリティを追加

    多要素認証(オプション)やIPアドレス制限などのセキュリティ機能をご提供。連携先のサービスに、高度な認証セキュリティを追加します。

  • シンプルで容易なユーザ管理機能

    アカウントやグループ情報は、Web UIでの個別管理やCSVでの一括登録が可能。 Active Directoryからの自動連携機能を利用すれば、アカウントやグループ情報に加え、Active DirectoryのパスワードもIIJ IDサービスに同期させることが可能です。更に、外部サービス連携オプションを利用すれば、アカウントと所属するグループに基づき、Office 365に対してアカウントの更新及びライセンス付与/剥奪まで自動で行います。

  • 様々なサービスへシングルサインオンを実現

    外部サービス連携オプションでは、SAML 2.0及びOpenID Connect 1.0に準拠したサービスへのシングルサインオンサーバ機能を提供します。IIJ IDサービスにおいて認証済みのステータスであれば、連携するサービスに対して再認証なしでアクセスできます。

    ※ フェデレーションプロトコルの仕様上、準拠しているあらゆるサービスに接続を保証するものではありません。

このサービスと組み合わせてご利用いただけます

IIJ IDサービス

IIJ IDコンソール

ログイン

資料請求・見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る