1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJ GIOベストプラクティス
  5. データセンターレベルの冗長化

IIJ GIOベストプラクティス - デザインパターン【可用性】

データセンターレベルの冗長化

データセンターレベルの障害(地震などの自然災害)を想定し、複数のデータセンターへシステム基盤を分散配置することでリスクを分散するのが「データセンターレベルの冗長化」です。データセンターレベルの大きな障害が発生しても、サービス継続可能なシステムを構築できます。

その他の
ベストプラクティス
を探す(一覧へ)

解決できる課題

  • データセンターが被災した際に、サービスを継続させたい。

デザインパターンの概要

  • IIJ GIOのクラウドサービスで提供している基盤は、東日本と西日本に複数のサイトが存在します。利用するサイトは選択でき、サーバをどのサイトに配置するかは利用者側で自由に決められます。
  • サイト間はIIJプライベートバックボーンサービスで接続されているので、広帯域・高品質のネットワークを無償で使用できます。

デザインパターン概要図

このデザインパターンのメリット

  • データセンターレベルの大きな障害が発生しても、サービス継続可能なシステムを構築できます。
  • BCPへの取り組みとして、DR構成を安価にかつ迅速に構築できます。
  • DNSアウトソースサービスや負荷分散機能と併用することで、データセンター災害時に自動でサイトを切り替えることができます。

補足

関連情報

ベストプラクティス
その他のベストプラクティスを探す(一覧へ)