1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. クラウド
  4. IIJ GIOベストプラクティス
  5. バックアップサイトへの自動切り替え

IIJ GIOベストプラクティス - デザインパターン【ネットワーク】

バックアップサイトへの自動切り替え

メインサイトの障害や過負荷時に自動的に代替ページを表示させるのが「バックアップサイトへの自動切り替え」です。Webサイトの簡易的な災害対策を容易に実現できます。

その他の
ベストプラクティス
を探す(一覧へ)

解決できる課題

  • サーバやネットワークの障害時や過負荷時に、代替となるコンテンツを自動で切り替えて表示させたい。

デザインパターンの概要

  • DNSアウトソースサービス サイトフェイルオーバーオプションを用いて、メインサイトのコンテンツを監視します。
  • サイト訪問者からのFQDN問い合わせに対して、健全なサイト(メインサイト)のIPアドレスを返します。
  • メインサイトへの監視が異常と判断された場合は、サイト訪問者へバックアップサイトのIPアドレスを返すことで、Webアクセスをバックアップサイトへ切り替えることができます。

デザインパターン概要図

このデザインパターンのメリット

  • 障害時や過負荷時に、Webにアクセスできない事象を自動で回避し、必要最低限のコンテンツを表示することができます。
  • DNSアウトソースサービス サイトフェイルオーバーオプションと代替コンテンツを表示させるサーバのみで、簡易的な災害対策サイトを実現できます。

補足

  • バックアップサイト側のコンテンツは、事前に作成可能な静的コンテンツを想定しています。データベース結果などの動的なデータが必要な場合は、別途データベースのデータ同期方法を検討しておく必要があります。

関連情報

対象サービス

ベストプラクティス
その他のベストプラクティスを探す(一覧へ)