ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. 株主・投資家向け情報
  3. ESGへの取り組み
  4. コーポレート・ガバナンスへの取り組み
  5. 関連当事者取引

関連当事者取引

関連当事者取引

NTTグループはIIJの大株主でありますが、IIJグループへの取締役派遣はなく、出資関係を事由とした事業制約を受ける契約・口頭での約束もありません。NTTグループとの間では、インターネットとの事業領域においては研究開発による事業進展が重要であり、競合を避ける領域は設けず、お互いの協力関係が築ける領域は協力し、自由競争していく領域は競合していくとの関係を築いています。NTTグループはNTTドコモを含む国内最大のキャリアであり、キャリアからインフラを調達する立場のIIJとしては、事業規模拡大に応じて、他キャリアとの取引同様に、NTTグループとの取引額は増加すると想定しています。IIJグループとNTTグループとの取引高は以下の通りです。

取引内容 2019年度 2020年度
NTTグループへの売上
  • ネットワークサービス
  • システムインテグレーションサービス他
3,629,227千円
(全売上比率:1.8%)
4,811,569千円
(全売上比率:2.3%)
NTTグループからの仕入等
  • 国内外バックボーン回線他
  • モバイルサービス関連費用
44,239,747千円
(全原価・販売費比率:22.5%)
14,188,742千円
30,051,005千円
40,795,299千円
(全原価・販管費比率:20.5%)
13,012,030千円
27,783,269千円
NTTグループとの金融費用(取引高)
  • ファイナンス・リース取引
53,362千円 46,599千円

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る