1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. WAN・ネットワーク
  4. IIJ Omnibus(オムニバス)サービス
  5. SD-WAN機能

SD-WAN機能

IIJ OmnibusのWANユニットを使えば、SDNの技術を用いた「SD-WAN」で、様々な構成のWANを構築できます。また、仮想化された豊富な機能(NFV)と連携して、企業ネットワークを柔軟に拡張できます。

SD-WAN機能の説明図

WANユニット対応ルータ(サービスアダプタ)

お客様ネットワーク側に設置する機器は、提供ルータ(サービスアダプタ)だけ。
ネットワークに接続して電源を入れるだけの簡単接続で、管理者の手間を大幅に軽減します。
サービス標準で24時間365日のオンサイト保守も提供します。

  SA-W2L SEIL/BPV4
外観 SA-W2L SEIL/BPV4
筐体サイズ 200mm(W)× 145mm(D)× 35mm(H) 194mm(W)× 283mm(D)× 44mm(H)
推奨規模 小~中規模拠点向け 中~大規模拠点向け
特長 モバイル(SIMカード内蔵)・無線LAN対応 広帯域対応

お悩み1 フレッツ回線の遅延が多発、業務への影響を改善したい

動画コンテンツやリッチコンテンツの普及により、NTTの「網終端装置」で混雑が発生。
混雑の影響で、フレッツの遅延が多く発生している。

IIJ Omnibusなら

網終端装置を経由しないIPv6/IPoE方式の採用で通信の遅延を解消

フレッツ光のIPv4/PPPoE方式で、混雑のボトルネックとなるのが「網終端装置」。
IPv6/IPoE方式では「網終端装置」を経由せずに通信を行うため、混雑による遅延を解消できます。
IPv6/IPoE方式の半固定IPアドレスも、IIJの独自技術「SMF」によって設定情報を自動取得するため、更新の手間は不要です。

IPv4ネットワーク(PPPoE方式) 網終端装置への通信集中で 遅延が多発

IPv6 ネットワーク(IPoE方式) 網終端装置を経由しないため遅延を解消

フレッツの遅延を解決!サービスガイドブックを差し上げます

ネットワーク遅延を解消する方法
~フレッツ輻輳問題を解決するWANとは~
(PDF:21ページ)

課題の解決方法やフレッツ輻輳を回避した実際の事例を含め、サービスの詳細をご案内します。

今すぐダウンロード(無料)

モバイルWAN 無料トライアル実施中!ルータとSIMをセットでご提供

お悩み2 各拠点にルータの設定や運用ができる人がいない

拠点の担当者はルータの設定ができないため、専任の作業員が都度現地へ出向いている。
効率が悪く、作業員のコスト負担も大きい。

IIJ Omnibusなら

ケーブルをつないで電源を入れるだけの簡単導入で、現地作業が楽々

IIJ Omnibusの提供ルータは、ケーブルをつないで電源を入れるだけで、クラウド上の管理サーバから設定を自動取得。拠点担当者だけで、手軽&スピーディに導入できます。
また、起動の度に最新設定を取得するので、拠点の移転や回線変更時も「つなぐだけ」の簡単運用です。

IIJの特許技術「SMF」を採用 クラウド上から設定情報を自動取得

さらにうれしい効果も!

エンジニアによる現地作業が不要なため、現地導入コストを約90%削減できます。

お悩み3 数百拠点のWANの展開に時間がかかって困っている

数百拠点のネットワーク環境整備にあたり、フレッツ回線の敷設を検討。
現地調査の立会いや工事の実施など、管理の負荷があまりにも大きい。

IIJ Omnibusなら

モバイル回線と自動接続機能の活用で、WANの高速展開を実現

モバイル回線を利用したモバイルWANなら、回線敷設の手間と時間を大幅削減。多くの拠点に短期間で展開できます。
拠点での作業は、SIMカードが内蔵されたルータを設置するだけ。クラウド上の管理サーバへ自動接続して設定を取得するので、専任スタッフも必要ありません。

モバイルWANを利用した場合 納期を大幅短縮

モバイルWANのガイドブックを差し上げます

活用ユースケース+事例集
(PDF:14ページ)

多店舗小売業、建設現場、マンション管理現場の活用ユースケースや、株式会社GABA 様(多店舗英会話教室)、大和ライフネクスト株式会社様(マンション管理)の事例を掲載

今すぐダウンロード(無料)

お悩み4 ルータのEOLに伴う切り替え作業に手が回らない

ルータのEOL(End of Life)/EOS(End of Support)に伴い、大量台数の一斉切替が必要に。
多忙な担当者には対応が難しい。

IIJ Omnibusなら

新機種への段階的な交換で、一斉リプレースを回避

IIJ Omnibusで提供する拠点用ルータは、IIJが独自開発しています。
新たな機種は、従来機種との互換性を考慮して計画的にリリースされるため、EOL/EOSに伴う一斉リプレースは必要ありません。
新機種への入れ替えは、機器故障など保守交換の際に段階的に実施します。

コンフィグやVPN接続の互換性を担保しながら継続 段階的に交換 一斉リプレース不要

お客様の課題をお知らせください。
最適な構成案をご提案します。

IIJ Omnibus(オムニバス)サービス
お見積もり/お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ
03-5205-4466
(土日祝日除く 9:30~17:30)

ネットワークサービス
「IIJ Omnibus」

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)

関連情報