1. ホーム
  2. 法人のお客様
  3. IoT
  4. IIJ LoRaWAN®ソリューション

IoT

LoRaWAN®対応デバイスと独自機能で、IoTの展開を支援 IIJ LoRaWAN®ソリューション

IIJ LoRaWAN®ソリューションは、低消費電力及び長距離通信が特長の無線通信方式「LoRaWAN®」を利用したIoTソリューションです。LoRaWAN®を活用することで通信コストを抑え、各種センサーデータを可視化できます。

LoRa Alliance® Member
お知らせ
【セミナー情報】

LoRa®とは

LoRa®はLPWA(Low Power Wide Area)の1つで、通信エリアが広く低消費電力のためIoTに適した無線通信方式です。米国の大手半導体メーカであるSemtech社が開発しました。

LoRa®は無線の周波数変調方式のことを指し、日本では免許不要帯域(ISMバンド)の920MHz帯を採用しているため、自前で基地局を導入可能です。

LoRa®は大きく2種類の通信方式「LoRaWAN®」と「Private LoRa」に分類できます。

LoRaWAN®

LoRaWAN®はデバイスからゲートウェイまでの通信方式及びデバイス制御方式を定めたプロトコル仕様を指します。
IIJを含む、世界で400社以上の企業が加盟しているLoRa Alliance®にて仕様が策定され、オープンソースとして公開されています。
認定機器(LoRaWAN® certificated)は相互接続が可能なため、センサーなど接続機器の選択肢を広げることができます。

Private LoRa

LoRa®の変調方式をベースに、デバイス間の通信プロトコルや制御を機器ごとに定めた独自の方式です。
P2Pでの簡易的な通信や、LoRaWAN®で対応できない特殊なユースケースに対応させることができるメリットはありますが、センサーなど接続できる機器は限定されます。

IIJは「LoRaWAN®」を用いたソリューションを提供します。

IIJ LoRaWAN®ソリューションの構成

用途に合わせたLoRaWAN®デバイス機器と、IIJの通信/クラウドサービスを組み合わせて提供します。
IIJのクラウドサービスを利用することで、各種アプリケーションやお客様環境とのシステム連携も容易です。
また、大規模システムで大量のゲートウェイ管理が必要な場合、IIJが開発した「SACM」を利用することにより、リモート環境からコンフィグ管理、メンテナンス作業を実行できます。

IIJ LoRaWAN®ソリューションの構成 イメージ図

IIJ LoRaWAN®ソリューションの特長

ご利用料金

ご要件に応じて個別にお見積もりします。お気軽にお問い合わせください。

組み合わせてご利用いただけるサービス

IIJ LoRaWAN®ソリューション

見積依頼もお気軽に

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ tel:03-5205-4466 (土日祝日除く 9:30~17:30)