1. IIJホーム
  2. 法人のお客様
  3. サービスを探す
  4. IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azure(OpenAI)

IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azure(OpenAI) 企業のAzure OpenAI Service導入を支援
今すぐ始めるAI活用

  • 約1ヵ月で検証環境を立ち上げ
  • 導入後の改善や活用もサポート
解決できる課題

ビジネスへのAI活用は
待ったなし

OpenAIが開発した対話型AI「ChatGPT」は、瞬く間に世界を席巻しました。MicrosoftがOpenAIとの協業を強めることで、ビジネスでの利用にも拍車がかかっています。AI活用を前提とした業務変革を目指して、1日も早くスタートを切りませんか?

IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azureでこのような課題を解決します!

  1. 業務活用の
    イメージがわかない

    AIに関心はあるが、自社の業務やビジネスにどう活用したらいいのか分からない。

  2. まずは有効性を
    検証したい

    AI活用を推進したいが、いきなり大きな投資は避けたい。手軽にPoCを行いたい。

  3. 情報漏えいや
    不正使用が心配

    セキュリティやガバナンスを考慮した環境構築が難しい。専門家のアドバイスを受けたい。

サービス概要

企業での利用に最適なAzure OpenAI Serviceの導入を支援

IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azureは、Azure OpenAI Serviceの導入を検討されるお客様向けに、検証環境の構築から本番導入に向けた評価までをワンストップで支援するソリューションです。

サービスイメージ図

Azure OpenAI Serviceは、ChatGPTと同等のAIモデルを提供する唯一のパブリッククラウドサービスです。
標準ではUIが提供されていないため、Web UI開発が必要で利用開始までに時間がかかります。
本ソリューションではMicrosoft Teamsをインタフェースとして連携し、スピーディなAzure OpenAI Serviceの検証を実現します。

Azure OpenAI Serviceの導入・活用ステップ

本ソリューションはフェーズ1を対象としています。フェーズ2以降は、お客様と協議の上個別にご提案します。

ChatGPTとAzure OpenAI Serviceとの違い

よりセキュリティレベルの高いAzure OpenAI Serviceは、企業での利用に適しています。

ChatGPT Azure OpenAI Service
提供元 OpenAI Microsoft
AIモデル GPT-3.5
GPT-4(有償版のみ)
GPT-3.5
GPT-4
接続方法 インターネット接続 インターネット接続または閉域接続
入力データがAI学習
に使用されるか
使用される場合あり 使用されない
ガバナンス OpenAI社に依存 Microsoft Entra IDを使ったアクセス制御、禁止ワードの設定など
SLA なし 99.9%
アカウント管理 個人単位 企業単位(Azure Entra)
強みとメリット

IIJ PaaS活用ソリューション with Microsoft Azureの特長

  • スピーディなPoCを支援

    Azure OpenAI Serviceの検証環境を約1ヵ月で構築。AIに触れて親しむ環境を素早く立ち上げます。

  • 導入後の評価や改善をバックアップ

    導入後も、IIJがお客様と一体となって本格展開を目指します。社内ワークショップの開催や回答精度の改善も支援します。

  • ネットワークを含めたMicrosoft Azureの実績

    Microsoftの公式パートナーとして各種認証を取得。Microsoft Azureへの閉域接続でも多くの提供実績があります。

  • AI活用ノウハウの蓄積

    ChatGPTの登場以前から、AIに関する技術検証と積極的な情報発信に取り組んでいます。

メニュー・料金(税抜)

フェーズ1でご提供する
主な内容

サービス初期費用

150万円

検証環境の構築

1ヵ月

  • 1初期構築・導入サポート
    初期構築・導入サポート
    • 対話インタフェースと会話履歴DBの構築
    • 利用開始に向けたガイダンス
  • 2データ漏えい対策
    データ漏えい対策
    • Microsoft Azureテナント外からのアクセスを制御
    • セキュアな接続経路の検討
  • 3ガバナンス強化
    ガバナンス強化
    • 適切なアクセス制御と禁止ワードの設定
    • 利用ログデータの保存
  • 4コストと回答精度の最適化
    コストと回答精度の最適化
    • 利用状況の可視化とコストアラートの設定
    • GPTモデルの使い分け
  • オプション検証環境評価・
    回答精度改善支援
    検証環境評価・回答精度改善支援
    • 導入後に明らかになる課題を、ワークショップ形式でお客様と共に解決
  • オプション閉域接続
    閉域接続
    • Microsoft Azureとお客様環境をセキュアなネットワークで接続

料金表(フェーズ1)

ご提供内容 初期費用 月額費用 備考
基本提供
  • 初期構築・導入サポート
  • データ漏えい対策
  • ガバナンス強化
  • コストと回答精度の最適化

1,500,000円

  • Azure OpenAI Service検証環境構築
  • 利用開始時のガイダンス

200,000円

  • システムの構成や仕様に関するお問い合わせ
  • 障害復旧作業
  • Microsoftへの問い合わせ
  • 構成管理
  • 月15時間の稼働を想定

別途、以下の費用がかかります。

  • Microsoft Azure利用料(従量課金)
  • Azure製品サポート費用
オプション 検証環境評価・回答精度改善支援 個別見積もり
まずはお気軽に相談ください
Q&A

よくあるご質問

GPT-4では、自然言語生成による文書作成に加えて、画像入力による文章やコードの生成が可能です。GPT-3.5とGPT-4では会話に使用できる文字数や価格も異なるため、目的に応じた使い分けが必要です。

はい。ご契約者となるお客様からMicrosoft社に対して利用申請が必要となります。

お客様のデータは、Microsoft社のモデルをトレーニング・改善するために使用されません。

はい。検証環境をそのまま本番環境としてご利用いただけます。

検証環境の最低利用期間はありません。

IIJが提供するMicrosoft Azure CSPライセンスが必要です。他社のライセンスをご利用中の場合は、新規発行させていただきます。新規発行の場合でも、Microsoft Entra(Azure AD)は既存と同じものをご利用いただけます。 Microsoft社のサービスに関する最新情報はMicrosoft公式サイトをご確認ください。