1. トップ /
  2. IIJとDCの歴史 /
  3. <2013年11月>間接外気冷却方式コンテナ型DCの開発
  • 1992年

    <1992年>
    IIJの誕生

  • 1998年

    <1998年>
    広域LANサービスの開始

  • 1990年代後半

    <1990年代後半>
    クラウドサービスの萌芽とNHN

  • 2000年代

    <2000年代>
    水冷から外気冷却へ

  • 2010年

    <2010年>
    次世代型データセンター実証実験

  • 2011年

    <2011年>
    松江データセンターパークの開設

  • 2013年

    <2013年>
    オール外気コンテナ型DC実証実験

  • 2013年11月

    <2013年11月>
    間接外気冷却方式コンテナ型DCの開発

  • 2013年11月

    <2013年11月>
    松江データセンターパークの拡張

  • 2014年

    <2014年>
    ラオスでのコンテナ型DC導入可能性調査事業受託

歴史年表

<2013年11月>間接外気冷却方式コンテナ型DCの開発

2010年より実証実験に取り組んできた、外気冷却方式のコンテナ型データセンター「IZmo(イズモ)」や、通年外気冷却により一層の省エネ化を目指した「co-IZmo/D(コイズモ)」のノウハウを生かし、更にお客様の様々なニーズを取り入れた新たなコンテナ型データセンターデータセンター「co-IZmo/I」を開発しました。
co-IZmo/Iは、輸送が容易な20フィートコンテナ(ISO規格準拠)にIT機器と空調設備を搭載したIT/空調一体型モジュールで、小〜大規模まで柔軟に対応することができます。

プレスリリース:

次世代型データセンター実証実験