1. トップ /
  2. 白井データセンターキャンパス

白井データセンターキャンパス

IIJのこれまでの技術を結集し、新技術を積極的に導入するシステムモジュール型データセンター!
デジタルトランスフォーメーションの本格普及に向けた新しいDC需要に対応可能

IIJ白井データセンターキャンパスは,、5G/IoT/AI/クラウドサービス等で爆発的に増大するDC需要の拡大に対応するための大規模データセンターとして、2019年5月に千葉県白井市に開設されました。さらなる需要の拡大に備え、同敷地内にて第2期棟の建設を進めています(2023年7月開設予定)。白井データセンターキャンパスの敷地は40,000uを確保しており、第4期棟までの拡張を想定しています。

白井データセンターキャンパスではカーボンオフセット化の推進のため、外気冷却の導入により空調電力の削減、また、大規模リチウムイオン電池の設置による受電電力のピークカットを推し進めています。さらに敷地内外への太陽電池の設置による再生可能エネルギー由来電力の導入も予定しています。

また、24時間・365日の運用が求められるデータセンターにおいて、運用担当者の負担を軽減すべく、ロボットによる警備・アテンド、RPAによる運用省力化を積極的に進めています。

白井データセンターキャンパス内にはローカル5G・Wi-Fi 6・LoRaWAN®など先進的な無線通信技術の研究を行うための白井ワイヤレスキャンパスを併設し、通信・サーバ機器の設置場所を越えた研究拠点(キャンパス)としても運営されています。

主な用途

  • IIJが提供するITサービス (クラウド、ネットワーク、セキュリティサービス)の拠点
  • お客様のIT機器を預かる(ハウジングサービス)

主な仕様

  • モジュール構造の採用による工期・建設コストの削減
  • 外気冷却空調による省エネ実現
  • AI利用のファシリティ/IT一体制御
  • ロボット利用等による運用自動化・省人・無人化

白井データセンターキャンパスの名称について

爆発的に増大するデジタルデータを集約し、新技術や新たなニーズ/新サービスに柔軟に対応可能とすることで、新たな価値を生み出す場所、HUB(=キャンパス)にしたいという思いをこめて、名称を決定しました。

設備仕様

  1期棟 2期棟
立地 千葉県白井市
開設日 2019年5月 2023年7月 (予定)
敷地面積 40,000u
設置ラック数 約700ラック 約1,100ラック
最大設置ラック数 第1期〜第4期全体で6,000ラックまで拡張を想定
空調方式 外気 / 空冷チラーハイブリッド方式
最大受電電力 50,000kVA
カーボンオフセットへの取り組み
  • 外気空調による省電力化
  • リチウムイオン電池による受電電力ピークカット
  • 太陽光発電設備の設置 (予定)
受電方式 特別高圧ループ受電
UPS N+1冗長構成
非常用発電機 発電用燃料備蓄72時間以上 (最大負荷時)
セキュリティ 侵入検知・監視カメラ・入退館管理
火災対策 火災予兆検知システム・N2ガス消火設備・消火器
運用監視 24・365有人監視
認証・基準
  • 日本データセンター協会(JDCC) ファシリティスタンダード ティア3+
  • 金融情報システムセンター(FISC):安全対策基準
  • 国際規格:ISO27001(ISMS)・ISO14001(EMS)

附属施設

  • 管理棟
  • 白井ワイヤレスキャンパス

関連リンク


「白井ワイヤレスキャンパス」
最新のモバイル技術を体感できる実験施設