IIJ

Office 365対応のシングルサインオン(SSO)はIIJ IDサービスでかんたん導入・安心ログイン!ADFS構築なし&多要素認証がついて1ユーザ200円/月。IIJはMicrosoft認定パートナーです。「マイクロソフトジャパンパートナーオブザイヤー」2年連続受賞。Office 365の導入多数!

IIJ IDサービスとは?

Office 365などのクラウドサービスに社内システム…
増え続けるIDの管理にお困りではありませんか?
IIJ IDサービスは、様々なログインIDを連携させ、シングルサインオン(SSO)を可能にする
クラウド型の手軽なID管理サービス(IDaaS)です。

IIJ IDサービスイメージ図 IIJ IDサービスイメージ図

IIJ IDサービスの
3つの特長

特長その1

月額200円の
安心価格

月額200円の安心価格
詳細を見る

特長その2

ADFS不要で
お手軽

ADFS不要
詳細を見る

特長その3

多要素認証で
セキュリティ強化

多要素認証でセキュリティ強化
詳細を見る

特長その1

月額200円の
安心価格

高額になりがちなOffice 365のSSO

Office 365の月額ライセンスに加えて、シングルサインオン(SSO)実現にかかるコストは管理者の大きな悩みです。オンプレミスのADFSで実現した場合、初期費用が1,000万円を超えることも。

IIJ IDサービスなら

ID管理/ID連携/SSOがすべて入って月額200円

  • クラウド型のIIJ IDサービスは、アセットレス&スモールスタートが可能。
    Office 365への認証強化、ID管理、SSO、ライセンス管理を1ユーザあたり200円で提供します。
    最低契約ユーザ数や連携させるサービスの数にも制限がありません。

  • いくつのサービスと連携しても月額200円/ユーザ

月額200円/ユーザで、すべての機能が使えます

初期費用円/最低利用期間なし

  • 各種機能

    • AD連携
    • アクセス制限
    • ユーザ/グループ情報の自動連携
    • パスワード情報の自動連携
    • 画面のカスタマイズ(ロゴ・カラー)
    • パスワードポリシーのカスタマイズ
  • 多要素認証

    • スマホアプリ認証
    • メールOTP認証
    • デバイス証明書認証

    その他

    • ログ/レポート
    • 接続サービス数の制限なし

特長その2

ADFS不要でお手軽

オンプレでのSSO構築はたいへん

Office 365へのシングルサインオン(SSO)を実現しようとする場合、主な選択肢は2つです。Azure AD(Azure Active Directory)のシングルサインオン機能を使用するか、ADFS(Active Directory Federation Service)サーバを構築するか。共通するのは、どちらも導入がたいへん、ということ。

IIJ IDサービスなら

クラウドサービス利用でADFSの構築も不要

クラウド型のID管理サービスだから、オンプレミスのADFSサーバやAzure AD Connectサーバの構築は不要。アセットレスで手軽に導入いただけます。
既にADFSやAzure AD Connectを利用している場合にも、お客様の環境に合わせてOffice 365との柔軟な連携構成が可能です。

ADFSでの構築例

ADFSでの構築例

IIJ IDサービスなら

IIJ IDサービスなら

特長その3

多要素認証で
セキュリティ強化

ID/パスワード認証だけでは限界に

フィッシング詐欺やビジネスメール詐欺など、メールを使ってアカウント情報をだまし取る攻撃は巧妙化しています。
漏洩したID/パスワードで複数のクラウドサービスへ不正ログインされ、重大なセキュリティ被害をもたらすことも。
ID/パスワード認証だけで重要な情報を守るには、限界があります。

IIJ IDサービスなら

多要素認証でセキュリティを強化

ID/パスワード認証に2つ目の認証(多要素認証)をプラス。ユーザごと、ロケーションごとに適切な認証セキュリティを適用できます。

多要素認証でセキュリティを強化

ユーザ単位で選べる多要素認証(二要素認証)

  • スマートフォンを用いた
    アプリ認証

    スマートフォン向け専用無償アプリ「IIJ SmartKey」

    スマートフォン向け専用無償アプリ「IIJ SmartKey」を使用。
    画面のアイコンをスライドするだけで認証が完了する、手軽な方式です。

  • 汎用的な
    メールOTP認証

    汎用的なメールOTP認証

    事前に登録したメールアドレスにワンタイムパスワードを送信。
    受信したパスワードをIIJ IDサービスの認証画面に入力します。

  • 端末を制限する
    デバイス証明書認証

    端末を制限するデバイス証明書認証

    デバイス証明書をインストールした端末からの接続だけを許可。
    会社で認めた端末でしかログインできないため、私用端末からの不正なログインを防止できます。

IIJ IDサービスを利用したSSOのイメージ

  • STEP 1

    IIJ IDサービスの画面にログイン(1段階目の認証)

    IIJ IDサービスの画面にログイン(1段階目の認証)
  • STEP 2

    多要素認証(2段階目の認証)

    多要素認証(2段階目の認証)
  • STEP 3

    利用するアプリケーションを選択

    利用するアプリケーションを選択
  • STEP 4

    アプリケーションへはログインなしでSSOを実現

    アプリケーションへはログインなしでSSOを実現

一般的なSSO方式との比較

  ADFS Azure AD Premium IIJ IDサービス
提供形態 オンプレミス クラウドサービス クラウドサービス
初期コスト Azure AD Connect、冗長化された ADFS・ADFS Proxy・ADサーバが最低限必要 Azure AD Connect、ADサーバ が必要。ADFS構成よりも安価に実現可能 ADが不要(任意)であるため、最も手軽に利用可能
ランニングコスト サーバの運用保守費用が必要だが、大規模ユーザ環境の場合は安価になる可能性あり 1ユーザあたり
672円/月〜
1ユーザあたり
200円/月
認証制御 きめ細かな制御が可能。
ただし、プログラミングが必要
複雑な認証制御はなし 複雑な認証制御はなし
多要素認証 別途手配が必要
  • SMS/音声通話などによるワンタイムパスワード認証
  • アプリパスワード認証
  • スマホアプリを用いたSmartKey認証
  • メールワンタイムパスワード認証
  • デバイス証明書認証
Office 365以外へのSSO 可能だが、Office 365 専用環境として利用されることが多い 数多くのサービスと連携可能 数多くのサービスと連携可能

さらに、運用をラクに
ADも含めて、フルクラウド化

IIJディレクトリサービス for Microsoft

Office 365との認証連携で一般的に利用されているActive Directoryですが、
オンプレミスでの運用はとにかく大変です。
IIJではAD機能のクラウド化もご提供。
Windows Update対応など、手間のかかる運用は専任エンジニアにおまかせください。

イメージ図:フルクラウド化

あわせてご検討ください
IIJのOffice 365対応サービス

Office 365 with IIJ

料金そのままで
メールセキュリティをプラス

IIJクラウドプロキシサービス

トラフィックが急増する
ネットワークを快適に

  • Microsoft Partner of the Year 2017 ロゴ
  • IIJはMicrosoft認定パートナーです。

    Office 365に関するお悩みなら、実績豊富なIIJにぜひご相談ください。

FAQ(よくあるご質問)

Q1最低利用者数は何ユーザですか?
Aユーザ数の制限はありません。1ユーザからでもお申し込みいただけます。
Q2最低利用期間はありますか?
Aありません。必要な期間だけご利用いただけます。
Q3連携したいクラウドサービスが10以上あります。料金はどうなりますか?
A料金は、外部サービス連携を行うユーザ数にのみ依存します。いくつのサービスを連携しても、料金は変わらずユーザあたり200円/月です。