ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

  1. ホーム
  2. IIJの技術
  3. セキュリティ・技術レポート
  4. Internet Infrastructure Review(IIR)
  5. Vol.54

Internet Infrastructure Review(IIR)Vol.54
2022年3月29日発行
RSS

今号は、定期観測「SOCレポート」をはじめ、フォーカス・リサーチ(1)では「mac_aptプラグインの作成(前編)」フォーカス・リサーチ(2)では「クリミア半島のインターネット - ルーティング情報の解析から見る接続経路の変遷 - 」をご紹介します。

全体(一括)
エクゼクティブサマリ
定期観測レポート「SOCレポート」

本レポートは、SOCで観測した1年間の情報をまとめ、過去の出来事を振り返りやすい形で情報発信するものです。第1.2節では、2021年に国内で話題となったセキュリティトピックをカレンダー形式でまとめ、第1.3節では、SOCアナリストが注目した様々なカテゴリの観測情報を紹介します。

フォーカス・リサーチ(1)「mac_aptプラグインの作成(前編)」

Windowsにおけるデジタルフォレンジックはフリーまたはオープンソースのツールだけで、ほとんどのアーティファクトを解析できるほど充実している一方、macOSでは、商用製品ですらWindowsと比べると、その数は少ないのが現状です。しかし、ここ数年でオープンソースのmacOS用フォレンジック解析ツールにも実用に足るだけの機能を実装したものがリリースされています。
本稿では、macOS用フォレンジック解析フレームワークであるmac_aptプラグ インの作成の基本について解説します。

フォーカス・リサーチ(2)「クリミア半島のインターネット - ルーティング情報の解析から見る接続経路の変遷 - 」

2014年、クリミア半島ではロシア連邦が領有権を主張して、インターネットの規制と接続性にも大きな変化が生じたと言われています。我々のインターネット計測データにもその変化は表れていました。本稿は、Global Internet Symposium 2020で発表した論文(※)の要約です。

(※)Romain Fontugne, Ksenia Ermoshina, Emile Aben. "The Internet in Crimea: a Case Study on Routing Interregnum", Global Internet Symposium 2020. Paris, France. June 2020.


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る